スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらながら名家灸選釈義を読む

昭和の名灸師として名高い故 深谷伊三郎氏は駆け出しの頃江戸古典の「名家灸選」に触れました。
この本は、江戸時代、各地に伝わる秘伝、名灸穴の治療で試してみて、実際に効果のあったものだけをまとめたもの。治験の実のみ集めた姿勢から感銘を受けた。その旨を深谷氏自ら筆を取る「名家灸選釈義」に述べています。
名家灸選釈義は深谷氏の絶筆といってよく、第三巻のあとがきにご子息の新間英雄氏の文章に目頭が熱くなります。私の治療でさり気なく治療の「締め」に名家灸選釈義に載っている灸法を試してみると、これが理屈ぬきに効く。
私は名人の域まで行っていませんが、もし名人の領域まで行くことができるならば、名人に仕立ててくれた書物は間違いなく、名家灸選釈義でしょう。名家灸選釈義の良さは東洋医学的な「証」ではなく、頭痛、腹痛など、わかりやすい疾患名で書かれていることです。
東洋医学的な「証」は中医学的姿勢でも、経絡治療的姿勢でも、今の僕には難しいものがあります。その点、名家灸選はわかりやすい。「やった、効いた、治った、のさんた、だとしても今の僕の力量では実にありがたいものです。名家灸選は比較的少数穴です。
以前、ブログでも書きましたが、私は少数穴主義にかなり慎重です。

少穴主義は怖さがある


で今の僕は、名家灸選の名穴のみ使うわけではなく、沢田流太極療法の基本穴で全身調整プラス名家灸選の灸穴、経絡治療の本治法プラス標治法として名家灸選の名穴。
長野式だけでは物足りない時に、オマケとして。基本の治療法のプラスアルファとして使っています。全身調整が効くというよりも名家灸選の灸が効いているような気がしますが、とにかく治ればよい。ただし、名家灸選の灸をつけたお蔭で、刺激量が多くなり、悪くなってはもともこもありません。
その辺の刺激量にはかなり気をつけています。

あなどれぬお灸


少穴主義は怖さがある

スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

長年の相棒 もぐさの雅

雅

 以前、撃鍼用、ていしんに金メッキていしん「小烏」(勝手に命名)を使っていると書きましたが、「相棒」は重宝します。
いくつもの修羅場?を共に潜り抜けてきた愛すべき友であり、道具であり、使い捨て鍼とは違い、大切にしております。

 で「やいと屋」名乗るわけですから、もぐさにもそれなりにこだわりたくなります。我が曾祖母は福助さんのマークの切りもぐさを使ったと聞いております。「亀屋左京」さんですね。うちの一族はここのもぐさを愛用していました。
 この流れからいくと、亀屋左京さんの「家伝もぐさ」が僕の相棒になりそうでしたが、学生時代のお灸の教師が愛用していたもぐさを僕も相棒とすることを決めました。小林老舗(もぐさ お灸)の「雅」(みやび)を相棒にしました。
 小林老舗さんはます灸で有名でしょうか?ここのパンフレットを取り寄せたら「雅」が思っていたより安いのでビックリ、小箱を買って試し、その後大箱を学生時代に買い求めました。燃えたときの甘い匂いが良いんですよ。最近、患者さんの中にも燃える匂いだけで効きそう、というファン?もできました。
皆様も、小箱を買って、色々試すと良いと思います。「丸一製薬」の「常盤」を試したときもありました。このもぐさは(あくまで僕の主観ですが)おとなしいというか、僕の手にしっくりきて、使いこなしやすい軟らかさがあったんです。「雅」か「常盤」に迷ったのですが、結局、雅にしました。
 他にも「釜屋」のもぐさもいつかは試したいと思います。「道具に頼りすぎでないか?」と自分でも思いますが、僕に腕がない分、道具で補う、というのもありだと考えております。

 因みに鍼は普段使いは「職人鍼」(主に置鍼用)単刺やここ一番で使うときは「前田豊吉商店」の「ニューニードル」使っております。前田さんの鍼は評判どおり、適度に切れ味良いし、切れ味が落ちない。「気至る」の感覚も得やすいです。
 鍼はもっと上手くなってから、上等な鍼を使いたいです。本当なら「鍼管」もこだわりたい。杉山真伝流の復刻版「純銀製極太鍼管」なんてもの欲しいものです。

 もぐさの「小林老舗」のホームページへのリンクはこのブログにあります。許可を得ました。カタログ請求は無料で出来ますので、興味がおありでしたら、問い合わせてみてください。

 まあ、愛用する道具に「小烏」くん、みやちゃん、ときわちゃん、どうたぬきとなずけているところで、やっぱり


馬鹿ですね。





 「うちの一族」が某忍者漫画の「うちわ一族」にみえて自分でも笑えます。炎を統べるうちわ一族、炎の施術で奇蹟を起こしたわが一族。一族という枠組みにとらわれている時点で似たようなものかもしれません。

 うちわ一族の特別な家系のみに存在する「写輪眼」。うちの一族でも灸が使えるのは、独特の感覚を持ったものにしか、使いこなせなかったのです。僕はその独特の感覚を本当は持っておらず、正確には純粋な正統とはいえません。国家資格とって、地道に努力したのですが、正統ではないので本当は「○○家 家伝灸崩れ」なんですね。
独特の感覚というものは、鍼灸師の職業としての適正に似た話ですので、まとまったらブログに書こうかと思います。


テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

家伝灸継承者として背候診の練習

私の曾祖母は家伝灸の使い手で、背候診から治療穴を求めて、三壮(三火)の灸を背部ゆ穴にすえる、というものです。
 その灸で結核などを治していたというのは、私が鍼灸師免許を頂戴した今でも考えますが、もの凄い腕だった、と尊敬の念を懐きます。背部ゆ穴で勝負するのは日本古来の治療法らしく、もぐりとはいえ、日本の伝統を受け継いでいた良き治療家だったのでしょう。
 背候診いわば背中の反応を探るのは、私がいた鍼灸専門学校でもそれほど授業数は無かったです。他の学校はどうだったのでしょうか?私の家族は、鍼灸学校三年間、毎日背候診の練習をしていると思っていたようですが、そうではないと聞くと驚いていました。「どうやって治療するんだ?」と。
 うちの家伝灸は背候診が出来なければ、お灸のすえる場所がわからないので、治療のしようがないのです。

 背候診は江戸の古典ではそれほど出てきません。わずかに、記載があるだけです。江戸時代は背候診をしていなかったのか?というとそうではなく、背候診は当たり前すぎて、わざわざ文献に残さなかったのだろう、という見解を聞いた事があります。僕もそうだろうと考えております。

今は脈診次いで腹診でしょうか?背候診はすっかり日陰ですが、手足の要穴への鍼灸も効きますが、背中の背部ゆ穴もかなり効きます。背候診は指の感覚で、人間国宝などの「技」の分野になり、文献に残しようが無いのかもしれません。

せっかく我が家に家伝灸が残っているわけですので、その習得に、学生時代から修練しておりました。背候診の練習ですね。鍼灸学生時代は、背中に灸点紙を張って、けっこうな壮数でした。気になるところが多すぎて、逆にツボの数が多くなるのです。

さすがに免許取得後から自然に「気になるところ」を絞り、かなり使うツボを減らしました。背部ゆ穴にこだわらず、挟脊穴であったり、膀胱経三行線だったり、小児筋違いの灸穴であったり、出来うるだけ、指の感覚を研ぎ澄まし、ツボの名にこだわらないようになりました。
胃が悪ければ胃ゆに灸するだろ?という考えを捨てました。胃の名灸穴で有名な胃の六ツ灸(六華の灸)膈、肝、脾にコリコリが必ず現われるとはいえず、胃ゆ、脾ゆ、だったりする。左右に出ないこともある。「図説 深谷灸法」に書いてあることの裏づけは免許を取って、人様を治療するようになってから、書かれていることは真実であると確信しました。

自分の身体で裏づけが出来ると、灸の効き方が倍増するような気がします。以前少数穴主義は取っていない、と書きましたが、背中の反応点は出来るだけ少数で効かそうと考えております。ですが背候診で背部ゆ穴で効果を出すのは一流の証ですね。あれは一流の技です。

もっとも沢田流太極療法も違う意味で一流にしか出来ない治療法ですし、経絡治療も一流にしか出来ない、と考えております。僕の腕が一流になるか?三流で終わるか?これからが勝負です。


中日ドラゴンズの落合監督は「一流は自分で道を切り開く」という主旨のことを発言したと思います。良き指導者に付かなければ一流になれないということも聞きます。ですが僕は前者を使いたい。一流は自分で良き師匠を見つけ出し、自分で鍛錬をなし、自分で文献を解読し、自ら道を切り開く者。そして自己責任で行動できる人。


とにかく、我が家の家伝灸は三代目にして、国家資格者を輩出することとなりましたが、我が家伝灸で人を治療し、お金を頂くつもりは毛頭ございません。うちの家系は、それほど人格者?がいるわけではなく、「人助け」をする一族ではない。私は医療従事者となりましたが「人助け」とは全く考えておりません。家伝灸は、「秘伝」として蔵入りさせるつもりです。


じゃあ、あなたはどうやって治療するの?それはうちの家伝灸によく似た「深谷灸法」で治療します。 うちの家伝灸はそれで商売するわけには行かない、どうもご先祖に対して悪い気がしちゃうのです。(もっとも、僕が笑が止まらないほど儲けまくるのは、ご先祖に対する最高の恩返しだぞ、という我が家の空気がありますが…)

家伝灸は自分の命を引き換えにしても良いくらい僕の大切な人、身内などに使うつもりです。鍼灸師としての商売?は深谷灸です。使う業もほとんど同じですが、僕なりのけじめと考えてください。

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

家伝 秘伝 一子相伝(後編)

あまり一つの家で管理していると、ある時途絶える事がある。これは文化の継承という点ではもの凄く危うい。

 そこで家伝 秘伝 の封印をといて、知りたい人に継承して頂かないと、途絶える事がある。この切実な問題があったのは、深谷伊三郎「家伝灸物語」中風石井の灸に見られる。

中風石井の灸は深谷氏によって交換条件で深谷氏の知るところとなった。そのお蔭で、一つの大切な治療法が残ったといえる。中風石井の灸を伝承していた人は、まもなく他界したらしい。


 さて家伝の一つに関わる事があった我が身。その家伝 秘伝、口伝というものを聞いたことがある。聴いてしまえば、コツのようなもので、大それたものではない。


 むしろ大切なのはその技が受け継がれてきた歴史にあるようである。

 実は秘伝といいつつ、その秘伝が受け継がれてきた歴史を知る事の方が、秘伝である由縁ともいえる。

 この百会というつぼを使って、お前のひいばあさんは…中風を治し、神経衰弱を治し… 百会は百の病を治すから百会と呼ぶのだ。

「ツボは効くものではなく、効かすものである」とは深谷灸の名言であるが、家伝灸継承の口伝は、ツボに「物語」をつくり、それを受け継がせる面もあると、最近ことに思う。

「効かす」のもそうだが、治験を「聴かす」のも重要な要素とも考える。

 そして継承者であると言う自覚、そして受け継がれた伝統の重みを感じなくては、継承者としては失格だと思う。

 技を受け継ぐ「家伝、秘伝への憧れそして重み」も大事ではないかというのが最近の見解です。


 ええっと、僕が知っている我が家伝の口伝は、そんなに大それたものではないです。ですので僕程度には誰でもなれますよ。 ですがそれなりに文献をあたり、指の感覚の鍛錬は重要ですが…

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

家伝 秘伝 一子相伝 (前編)

各地の家伝灸を研究した名灸師に深谷伊三郎がいます。その著書「家伝灸物語」には三分の一ほどですが、全国各地の家伝灸が載っています。

 家伝灸と言われるものは、自分の先祖が病気で困っていたら、夢に弘法大師や御薬師さんが現れて、夢のお告げを残した(これを夢想という)その通りの所に身体のどこかに灸をしたら治っちゃった。我一代で終わらすものはもったいないので、その家系にあるものは、その秘術を以って治療(お灸)にあたり、完治者多数いる、というのがよくあるパターン。

 結核、中風、脚気、ヘントウ炎などに治験がある。

 じゃあ実際に夢のお告げなのかと言われれば、怪しいらしい。その多くは、当時の医学書に載る優れた治療法(もしくはその改良型)というのが多いらしい。

 医学書にあるから、というより家伝、秘伝、といわれるとありがたみが生まれる。さらに一子相伝と言われれば、一子相伝=レアな技術として重宝される。

 家伝、秘伝、と言われるものの中には、眉唾なものもあるらしい。それでカネをとるならぼったクリ、そういうところは消えてもしょうがない。

 中には改良されて非常に優れた治療法もあるようで、秘伝と呼ばれるに相応しい力を持ったものもあるようだ。


 でも日本人って「一子相伝」と言う言葉に弱い。レアな血統(徳川家の血をひくなど)レアな存在に憧れると思う。


 知っている人は知っている、知らない人はしらない、名作漫画「北斗の拳」の主人公ケンシロウは一子相伝のこの世に一人しかいない正当継承者、北斗神拳の使い手。これが108の流派を持つ南斗ではありがたみが減る。実際はお兄さんのラオウ、トキ、ジャキも北斗神拳を使えるので一人ではないのだが、継承者としては一人。非常にレアな存在。


 家伝、秘伝、一子相伝のなかには、正体が知られれば、何のことは無い、ものもあるが、その言葉の響きに不思議な魔力があることも否定する事は出来ない。

事実、鍼灸師の広告に「秘伝」といったたぐいの言葉はご法度。逆を言えば、秘伝といった言葉に人は弱いとも言える。

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。