スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灸のフォームから見る一考察(邪気とカリキュラムを探す)

 桜宮式では、受けた波動をリセットする方法が書かれておりました。ああ、邪気だな、と。
 治療家の間では、患者さんの治療をしていると、体調を崩すものが多いです。俗に邪気当たりとも呼ばれます。
 これも不思議なもので、その存在をブログなどで書く人は少ないです。まあ、あまり書くと患者さん受け悪いし、治療家の卵に悪い影響を与えます。何故?そうなるか?術者の姿勢が悪いから、不自然な姿勢で長時間治療するから、身体にひずみができるから。これも一つの説ですね。

 治療家は比較的短命な職業なんですよ。単純に激務で短命なのか?その秘密を解き明かしたいと思ったのです。

 それと、オーリング的な能力の鍛錬法を探したいのです。

 これはぼくの習性でして、勉強する勉強法、能力を得るにはどのような練習法が良いのか?名人になるには、どのような能力が必要で、どんなことを1日何時間すれば、どのくらいの期間で得られるか?それが何ステップいるだろうか?など考えてしまうのです。

 つまり、自分でカリキュラム、練習法を組み立て、自分の身体で実践していくのです。

 どうも人からノルマを与えられて、それをこなす、というよりも、自ら考えて色々試していくのか自分の証にあっているようなのです。

 で、どこかで書きましたが、オーリングも、入江フィンガーテストもさらには、西洋のダウジングも、呼び方が違うだけで、見た目が違うだけで、能力としては同じ、もしくは似ているのではないか?と思ったのです。
(専門家が聞くと怒られるでしょうが)

 どこぞかのセミナーに行くのもよろしいでしょうが、僕は掛け持ち出来ないタイプで、しかも安上がりで修めたい。となると、とりあえず本を買って、まず考察、鍛錬法を考える。そこで始めに考えたのがダウジングです。

 灸の使い手らしい、弘法大師 空海は不思議な杖を使って水脈を探した逸話は多いです。弘法大師が西洋で言うダウジング使いなら?洋の東西が違えど、似たものではないか?

 さらにダウジングの歴史です。ダウジングは意外と古く、キリスト教に組み込まれている時期もあるし、悪魔の仕業として弾圧された時代もあります。とりあえず、紀元前近くより伝わっているなら、鍛錬法も確立されているのではないか?と考えたのです。

 僕が持つ、アロマだって、元々は紀元前の薬によるものもあるし、修道院で栽培されていた薬草由来のものもある。俗に言う魔女と呼ばれる人に伝わっていた時期もある。

 もっとも、今は、一つの協会はベルギーの薬学博士が科学的に精油を分析したのが、アロマの一つの始まりですが、精油そのものは歴史が深い。

 魔女の力か、それも良い。

 普通に書けば、あんた、大丈夫?となりますが、こうなった思考法も続けて書きます。

 手始めに買ったのが、奇蹟 ダウジング占い―未知なる力を導く振り子パワー シグ ロングレン 鏡 リュウジ です。


奇蹟 ダウジング占い―未知なる力を導く振り子パワー奇蹟 ダウジング占い―未知なる力を導く振り子パワー
シグ ロングレン 鏡 リュウジ

二見書房 1990-12-15
売り上げランキング : 51753

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 これ、付録でダウジングが付いているのです。ダウジング道具、あれ、以外に高いのです。セットなら安上がり。これは中古ではなく新品が良いです。付録は全部付いていますので。

 買ってから気がついたのですが、これ、あたりですね。 鍛錬法とか、また感じた事書きますね。(続く)


驚異のダウジング驚異のダウジング
シグ ロングレン 鏡 リュウジ

二見書房 2005-12-08
売り上げランキング : 106304

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

灸のフォームから見る一考察(感覚の世界)

結構昔ですが、中日ドラゴンズの秋季キャンプ、そんなに打撃は上手くない選手が、嬉しそうにひたすら打撃練習をしていた写真と、地元ドラゴンズ応援番組で見たことがあります。「何かをつかみそうなんです。」そんな事を言っていた記憶があります。違う選手は、ノックの嵐、それでも悲壮感はなく、この選手も「何か」をつかむ感覚を覚えたようで、表情は明るかった。

 この頃の中日は12球団屈指の猛練習で、練習量は半端なかった。正規のメニューをこなした後の居残り練習だから、凄いですよね。この頃僕は、そんな選手の表情を見て、「何という練習量、プロはやっぱり違うな。俺には真似できね~。」そんな事考えていました。

 これが自分がはり、きゅうのプロになると、自分で自分を追い込んで練習しちゃうんですよね。「プロはこうなんだな。」鍼灸師免許とって、すぐにやいと屋をネット上で名乗りました。しかし、既にネット上で名乗っておられるやいと屋さんと比べて、僕は絶対に劣っていた。ここから猛稽古。いつぞやにオススメした中国産もぐさ、黄金の繭を練習用としてひたすら板の上で灸。学生時代に残っていたもぐさにプラスして、1年間に130グラムは消費しました。

 純粋に透熱灸の艾柱ですので、大きくは無いです。今、似たようなことしていますが、あの頃のように消費は出来ておりません。結果的に猛稽古…なんでしょうか?猛稽古なんですが、楽しかった。

 さて、今年に入ってから数ヶ月間、もぐさをひねる事で得た不思議な感覚を身体に覚えこませる為、1日に1千壮、灸点紙張って、自分の身体(主に足ですが)に灸していました。指の感覚と、実際の灸の響き方を自分の身体でチェックする為。いかに小さな灸とはいえ、一つのツボに100壮は超えますので、足はやけどの痕だらけ。鍼灸真髄に沢田健が自分の身体で試して、寝込んだ逸話がお弟子さんによって語られていると思いますが、寝込むほどではなかったですが、体調最悪でした。(ですが、最低限、普段の治療が出来る程度はキープしていました)

 よく、量稽古?質稽古?どちらが良いの?といわれますが、感覚を身体に覚えさせるには、長時間なにかしらしないと習得できないと思うのです。傍から見ると凄まじい練習量、量稽古のように思われるでしょうが、いざ、自分がしてみると、感覚を得る為にしていたら気がついたら凄い量をこなしていた、でも、練習量の実感は無い、というのが僕の本音です。ですから、冒頭の中日ドラゴンズの選手もそんな気持ちだったのではないでしょうか?

 そんな僕でも、今、灸が上手くなっているかというと、そんな実感が無いです。先ほどの中日選手も、打撃でつかめそう、といっていた選手、次の年、春先は絶不調でした。ノック受けまくっていた選手は、戦力外。何かをつかめそうと猛稽古しても、それが身に付くのか?結果で出せるのかは?別問題でしょう。僕も今となっては、自己満足だったのかな?と思っています。

 質稽古にしても量稽古にしても、それが身に付くとは限らないし、結果として、つまり本当に実力になるのか?というと疑問がわきます。ですが、名人と呼ばれる人は、誰でも目に見えないところで、凄まじい努力をしております。努力は裏切らない、とはいえませんが、大成した人は、すべからく何かしら努力しているのですね。

 本当は、こんな努力しているよ、とブログで書いている時点でプロ失格なんでしょう。しかし、上手くなるには、ストイックに追い込む必要を感じるのです。それも人に言われてではなく、自分からね。まだまだ足りないと思っております。


 本当は、今後も感覚なんかを考察して、連載を続けます。(続く)



 下は、激安の艾です。治療には使っていませんが、練習用で使っています。





にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 専門教育へ
にほんブログ村

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

灸のフォームから見る一考察(オーリングと澤田健の診断術)

 オーリング書籍で、アマゾンで高評価の本を買いました。この本の良さは、1人で出来るオーリング方法が書かれていることです。オーリングは、術者、受け手を含めて2人以上必要な技術であり、コツをつかみ、応用できれば、1人でもできることは出来ます。桜宮式は、一人で出来る、つまり術者の指だけでできる方法が書かれております。
 これは大きいですね。

 ついでに桜宮式オーリングを使い、五臓色体表を使った診断方法も、そのやり方も記載されております。

 そうなると、次のような仮説も成り立ちますね。

 灸の名手である、澤田健は治療院に五臓色体表を掲げていた。灸の技術にオーリング的なものが含まれていたら、沢田健も、意識して、または無意識のうちに、オーリング的な能力を持っていたのかもしれない。そうなると、オーリング的な能力を使って、五臓色体表で診断していた?

 少なくとも、代田文誌の書籍では、そんな事書かれておりません。沢田健が絶えず指を動かしていたとか。

 しかし、オーリングはコツをつかみ、鍛錬を積むと、指を使わずとも使えます。舌、つまりベロを出して、感覚を使うとか、自分の呼吸で使うとか。
 呼吸でオーリング的な事していたら、傍目にはわかりません。鍼灸書には、患者の呼吸によるホシャが色々な本で、古典の時代より書かれております。杉山真伝流もしかり。もし、口伝として、患者の呼吸だけでなく、術者の呼吸でもホシャするんだよ、と伝わっていたら?見た目ではわかりません。

 更に、ホシャについて。

 私が、艾をひねると自然に大小強弱をつけている指の無意識、この感覚がホシャだったら?
 人に伝えることは出来ません。というより、まさに言葉で表現できないのです。まず、適切な言葉が無い。今でこそ、気功とか武術系などにより、言葉(シンクロさせるとか)がありますが、古典の時代では、言葉がありません。それこそ、無意識で使っていたなら、指に聴いてくれ、いや指に聴いてもわからない、でしょう。

 まあ、弟子が師匠に聞いても師匠は、説明の仕様が無いでしょうね。だってボキャブラリーがないのですから。師匠を見て、弟子はケチ、とでもいうのでしょうが。

 私でも、この感覚は説明のしようがないし、文章で書くこともできないのです。

 まさに感覚の世界。ではこの感覚を磨くにはどうしたらよいか?これも続きますが、桜宮式では、受けた波動をリセットする、という方法が書かれております。鍼灸、治療家の世界では、邪気を受ける、というものがあります。これについての考察も、続きます。



桜宮式 運命を知るオーリングテスト
桜宮式 運命を知るオーリングテスト桜宮 史誠

実業之日本社 2004-06-19
売り上げランキング : 47393


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

灸のフォームから見る一考察

 ここから書く事は、ある意味、戯言かもしれません。

 極めてナイーブな内容なので、気に入らなければ読み流してください。

 昨年の秋ですが、治療中にふと、思うことがありましてね。私は、まあ、やいと屋ですから、灸は艾からひねるのです。灸点紙を張っての透熱灸です。そうしたら、自然と、艾柱を大きさを硬さを無意識に変えてしまうのです。一つのツボに。大きく、小さく、固め、糸状など。

 はじめは疲れとか、フォームが乱れているのだろうと、考えておりました。へんな癖でも付いたかと、誰も居ないところで、板で特訓です。

 今年入ってからですが、また治療中に、自然に艾柱を無意識に変えてしまうのです。

 で、艾をひねる手を見ると…


 良く見ていたら、灸をひねる動作って、オーリングとかと同じなのです。私の近くにオーリング(一人オーリング)を治療に取り入れている術者がいます。まあ、僕はあんな高度な技はようつかえへん、と考えておりました。

 ところが、自分も知らず知らず、灸をひねる事で、オーリング的な鍛錬をしていたのです。

 そこで仮説を立てました。昔の灸の使い手は、オーリング、入江フィンガー的な力を無意識に使っていたのではないか?

 そうなると、オーリング関係の本を買ってみたくなります。アマゾンでは、比較的高評価なのがしたの本。絶版ですが。

 この本の感想など、次回以降に書きます。(続く)

桜宮式 運命を知るオーリングテスト
桜宮式 運命を知るオーリングテスト桜宮 史誠

実業之日本社 2004-06-19
売り上げランキング : 47393


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

身体の仕組みがわかる本

 この本を買ったのは、鍼灸師になろうと思う前でした。元々、某所で技術を教えていた時期がありました。技術を教えるというのは、難しい。理論だけでもだめ、実用的であり、わかりやすくシンプルで無いとだめ。

 その時に使ったのが、この本の理論です。身体のどこを使うのか?わかりやすいんですね。

 さて、鍼灸師となってこの本を読むと、達人と凡人の身体意識の差が書いてあります。

 ちょっと見方を変えると、凡人の身体の何処が固まりやすいのか?そういうものもこの本は示しています。

 昔に買ったんですが、DVDはどこかへいってしまいました。

 案外、もの凄い事って、初心者向け、一般者向けの本に書かれている良い見本です。



高岡英夫のDVDでゆる体操 (別冊宝島 (1051))高岡英夫のDVDでゆる体操 (別冊宝島 (1051))
高岡 英夫

宝島社 2004-07
売り上げランキング : 207907

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事 拘束背柱 拘束背芯と拘束腰芯 鍼灸で読み解く

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。