スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八会穴の謎

 われらが英雄、鍼灸学の一考察~鍼灸学生のつぶやき跡kouitsu氏は今、原穴、十二経の成立の秘密、絡穴など実に古典より興味深い記事書かれています。ある意味、鍼灸の集大成であり、誰もがなんとなく疑問に思ったこと、さらには、一つ間違えば、今まで論ずることはタブー視されていたが、鍼灸を知る上では避けて通れぬ、と思われる事もさらりと書かれています。この流れで、僕は「八会穴」について書こうと。古典からの考察ではなく、いわば「オレ流」違う概念から八会穴の共通性、類似点を示し、人体の仕組みに迫れればと思います。

 八会穴とは、
腑会(腑の病に使う) - 中脘(任脈)
臓会(臓の病に使う) - 章門(肝経)
血会(血の病に使う) - 膈兪(膀胱経)
脈会(脈の病に使う) - 太淵(肺経)
骨会(骨の病に使う) - 大杼(膀胱経)
筋会(筋の病に使う) - 陽陵泉(胆経)
髄会(髄の病に使う) - 絶骨(懸鐘)難経本義などでは陽輔(胆経)
気会(気の病に使う) - 膻中(任脈)


 場所は、テキトーに探してください。気が向いたらイラスト書いてアップします。

 疑問に思ったのは鍼灸学生1年次、髄会の絶骨が胆経にある事。髄をつかさどるのは、腎、だから髄と関係が深い腎経ではなく、何故胆経なのか?(kouitsu氏のブログでは十二経、もっと前は十一経だったことが書かれております。経脈学説と臓腑学説は別物ともいえますし、また八会穴は十二経脈学説とは違う概念といえます)

 また、絶骨は僕は学生なる前に、鍼灸極秘抄というものを読んでいました。この本は、絶骨を陽輔としております。難経本義(滑寿)では、絶骨は陽輔としております。
 その影響か?長野潔は、陽輔を良く使っている印象を受けますし、岡部素道も多用しているように思えます。
(陽輔は五行穴では木経の経火穴であり、シャ法として重宝したのでしょう)

 杉山真伝流では、「表の巻」「中の巻」を読む限りでは、絶骨は、懸鐘としています。懸鐘と陽輔は1寸しか離れておらず、どの説を採用しても、それほど変わらないか?とも思えます。因みに沢田流絶骨は、この2説とは全く別の場所を使っております。

 難経では、八会穴は熱を抜く穴のように書かれております。

 ちょうど三年次ですが、高岡英夫の「究極の身体」を読んだ時に、その一節に八会穴のいくつかが当てはまり、まさか?法則性がある?と考えるようになりました。初めて公開したのは、

拘束背柱 拘束背芯と拘束腰芯 鍼灸で読み解く
をお読みください。

人間の身体を詳しく見てみると、凄まじく拘束されている部分が何ヶ所かある。たとえば、腰の横、あるいは腰椎と仙骨の境目付近、それから腓骨まわりなどだが、これらの中でももっとも拘束が強い所の一つと考えられるのが、この頚椎の6,7番、胸椎の1番から下の左右の肩甲骨に囲まれた部分だ。私はそこを「拘束背柱」と名付けているが、(中略)さらにその硬い「拘束背柱」の中でもひときわ硬い石のような所がある。それが他ならぬ頚椎の7番から胸椎の4番あたりの背骨まわりの「拘束背芯」なのだ。(中略)また、腰椎の4,5番及び仙骨とその周囲の拘束された部位を「拘束腰芯」と呼ぶ。高岡英夫 「究極の身体」より

上記の言葉の凄まじく拘束されている人間の身体の部位に、なんと八合穴が5つも配置されているのです。
この頚椎の6,7番、胸椎の1番から下の左右の肩甲骨に囲まれた部分には、骨会、 大杼。血会、膈兪が配置されております。腓骨まわりには、筋会、 陽陵泉、髄会、 懸鐘(陽輔)が入っております。髄会が胆経にあるのは、なんとなくわかりました。因みに「解説 鍼灸重宝記」では経絡治療の大家、小野文恵が、股関節がこの本では胆経の領域、骨は腎じゃないの?という意味のこと書いていますが、小野文恵の疑問も僕と同じ目線なのでしょう。

八会穴とはつまり
人間の身体のこわばりやすいところを示しているのではないか?(仮説)

さて、腰の横ですが、側臥位になると、腰の横は、帯脈、前に章門、後ろに京門があり、臓会、章門も腰の横とみれば、八会穴が5つ当てはまります。


 卒業して2年目くらいですか。今度は腑会、中脘、気会、膻中、キロク部にある昔の期門、心募たる巨闕、心窩部にある募穴も猫背気味の人は、こわばりやすい(と思う)そうなると、八会穴のうち、7つがこわばりやすいところを示している、といえます。(僕の仮説ね)

もちろん、僕の中には、この7つの部位の緩め方も考え、実際に使っております。その緩め方など、もっと詳しくは、過去に某研究会で発表しました。ブログではおそらく出さないでしょう。色々な方法がありますからね。

 ツボの名前には意味がある、とすれば八会穴も何かしら示しているのではないか?という仮説を述べたまでです。
この部位を緩める、運動器疾患、拘束背芯を緩めて、キロク部を緩めれば、呼吸器疾患(さらに言えばバストアップも?)狙えますし、腓骨まわりを緩めるは、膝疾患に使えます。


 貴方の仮説はわかった、じゃあ、具体的に緩めるにはどうするの?
 
 そんな疑問はあろうかと思います。「理論はわかった、じゃあ、現実にどう使うの?」という突っ込みは鍼灸書を読んでいると、いくらでもあります。過去の研究会発表でしゃべりましたが、これは実技でないと説明できないし、緩め方は、数ヶ月で進化するから、お見せも出来ないですね。

 こうしてみると、実は五行穴も別の目的があったとか、面白い解釈が出来るかもしれません。

 後々、kouitsu先生は八会穴について書かれるでしょう。それを読むと、また理解が深まると思います。


リンク先、トラックバック先
鍼灸学の一考察~鍼灸学生のつぶやき跡
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

鍼の深さが書いてある古典

 よく受ける質問として「鍼の深さ(ツボの深さ)を教えてください。」というのがあります。
 このブログでは「鍼灸治療基礎学」と「図説 深谷灸法」が書かれていますが、これらの本にはこのツボにはどれくらいの深さで刺すのか?書いてありません。
 聞く所によると陰の経脈では腎、陽の経脈では膀胱経が深いらしいな、と学生時代聞いたことがあります。

 しかし、疑問に思っても直ぐに解決しました。学生1年時に買った「鍼灸重宝記」には鍼の深さが記載されています。学校卒業した頃、鍼の深さについて疑問に思ったのですが、重宝記を読んで見ると、ツボの深さが書いてあり、なあ~んだ。
 経絡治療の端くれとしましても、脈が整う深さを考えますと、重宝記記載の深さはかなり的を得たものだと思います。
 少し、引用しますと腎の母穴である復溜で三分、腎ゆも三分、肺経の尺沢は三分、曲池は五分から七分と書いてあります。
 腰痛で使う環跳で一寸。昔は筋肉に刺すという概念は無かったのでしょう。現代ではここには、寸六から2寸鍼を使うところと思います。

 不思議なのは腹部は深刺なこと。気海八分、曲骨二寸、一寸あるいは六分とあります。リスクな深さだと考えます。


 もっとも書籍ではここでは寸六の鍼を使わなければ効かない、と書かれた症例でも、僕の手ごたえでは寸3で十分だったというものもあります。古典や文献に深さが書いてあっても、もっと浅い場所で効く場合もあります。必ずしもこれだけの深さがいる、という概念は捨てた方がよろしいでしょう。

 因みに鍼灸重宝記は全てのツボを網羅していません。私手持ちでは鍼灸聚英も深さが書いてあります。聚英は古典記載の深さを多数引用しております。こちらの方がよいかもしれません。

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

鍼灸聚英(針灸聚英)と資生経を買う

じゅえい

 手持ちの古典「鍼灸重宝記」には中国の鍼灸聚英を引用している部分があり、中国語版を買う決意をしました。ついでに灸の古典「鍼灸資生経」も購入。
 中国語版はそれぞれ「針灸聚英」「針灸資生経」鍼灸は針灸でないと検索できません。書虫や亜東書店で数冊見つけることは出来るでしょう。聚英に関しては、一番安いものを買いました。
 鍼灸聚英はツボの解説、十四経脈、治療穴、古典記載の「歌」など鍼灸の百科事典の様相です。資生はツボの解説に加え、主治が多数記載されております。「名家灸選」の元ネタといえる灸法もあります。

 鍼灸聚英はかなり名著です。

 まあ、傷寒論とか脾胃論なんかも読みましたが(眼を通しましたが)、証とか薬剤の話は???ですね。
やっぱり「鍼灸○○」と鍼灸と表題にあるものは見ていて安心します。それとやっぱり僕は「やいと屋」ですね。灸の専門書が大好きだということが改めてわかりました。

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

宗教書にも鍼灸!?

 すっごい昔に思えるのですが、わたくし、愛知県の元男子校の生徒でして、ここが仏教系で授業などに「宗教」というものがあるのですね。宗教の授業といっても、別に洗脳?されるわけではなく、世界史や日本史の外伝的で僕は大好きでした。入学してから、宗教はずっと「5」でした。(居た堪れない高校生活で唯一自慢できる事、トホホ)

 高校卒業してアマチュア、郷土史研究家になるのですが、関係書に「文化的に価値があるものでも、信仰の対象なら、般若心経の唱えるのが礼儀)とかかれていたので、般若心経は今でも諳んじれます。覚えたのは高校時代です。学校の授業のついでに。民俗学的な秘仏の御開帳の時とか、特別に秘宝を見せて頂いた時などは、ご本尊にお花代とともに、般若心経を唱えたことがままあります。そうすると、周りからどよめきがおきますね。あんな若いのに、お経を読むなんて…

 高校時代の英才教育の賜物か?既存の仏教に関しては、免疫とでもいいますか、拒否反応はないですし、神事仏事も知っているほうだと思います。

 私の研究の対象「家伝灸」などは、お寺に伝わっているものも多く、宗教行事としているところもあります。

 お灸が伝わっていたり、病を除ける神仏が祭られているところは、一つ伝説めいた逸話を持っているものがほとんどですね。

 伝説の弘法大師様より伝わる秘灸、病に苦しむ人の夢枕に立ち(夢想という)薬師如来やお不動さんが、秘伝を授けた、など。

 いくつかの伝承がありますが、私は、その寺にきわめて医学書に明るかった僧が居ただろうと考えます。その僧が灸をすえたり、漢方薬の調合をしたのだろうと考えております。おそらくそういう医学に明るい僧は、1代で絶えたことも考えられるし、ひっそりと後進に授けられたと思います。

 ですが、あそこのお寺さんに病気治してもらった、というよりも、せっかくお寺だし、本尊の力とか、ちょっと摩訶不思議さを出したほうが、人に伝わりやすかったのではないでしょうか。

 仏祖、ゴーダマ、シッダルダ。いわゆる釈尊ですが、漫画「ブッダ」などでもちょっと医学に詳しい逸話を描写しております。伝説などもひところ調べたことがありますが、まあ、超能力を以って病に対峙した、とまではいえなくとも、当時の医師とそん色ない医学知識を持っていた、という程度はいえるのではないでしょうか?

 これは弘法大師 空海にも言えることで、空海が密教の秘法で神通力を発揮し、病と治した、そこまでいえなくとも、万能型の天才は医学でも当時最先端の知識があった、という感じなら、ありうることでしょう。


 長い前フリでしたが、沢田流聞書によれば、日蓮上人は、医学書を書いていたようです。聞き書きは、いつも読んでいる本ですが、数年、そのような描写に気づかなかったです。

 それにお寺さんにも医学的知識があるならと仮説を立てました。その仮説で本を読んでみたのですが…

 栄西禅師の「喫茶養生記」これはお茶のよさを広めようとした本です。僕はこの本に栄西の医学的知識が詰め込まれているのではないか?傷寒論的なこと書かれているのではないか?と仮説を持ったわけです。

 結果はビンゴでした。お茶は心臓によい、という書き方ですが、やっぱり東洋医学的な知識はありましたね。
特に心に関しては、心に対する見方が新たに出来ました。ちかいうちに「喫茶養生記」に関して書こうかと思います。
 
 そうなると、栄西や日蓮に医学的知識があれば、鎌倉新仏教の開祖、法然、親鸞、道元などにも医学的知識はあったのでは?という仮説はありだと思います。色々な寺に病気を治す智慧が伝わっていても不思議はないですね。


 それと、実は沢田研究で行き詰まりがあったのですよ。僕も沢田が愛した「十四経発揮」を読み込むのですが、十四経を読んで、どこにも「左陽池」の使い方書いてないのです。僕には十四経を読んで左陽池の重視には思考が行かなかったです。

 そこで仮説 「沢田健は日蓮系に伝わる家伝灸の継承を知っていた?」

 沢田の前に沢田なし、沢田の後に沢田なし ではなく、沢田流を作る時にモデルとなった治療家か、使い手、そしてベースとなるお灸の仕方があり、ここからヒントを得たのではないか?という「飛ばし」です。

 その仮説の論考も案としてはあるのですが、文章化はまだです。発表は「覚王山鍼灸研究所」でしようとおもっちょります。

 覚王山と聴いて名古屋の人なら、地名の覚王山が出てくるだろうし、上地栄氏の「昭和鍼灸の歳月」を読んだ方なら柳谷祖霊の治療院を思い浮かべると思います。

 ちなみに「覚王山」とは釈迦を示すそうです。とにかく、鍼灸って慈しみの心がないと使いこなせないですね。


 慈悲の心で鍼灸を!!

亜東書店の楽天支店

アジアの書籍の販売書としては大手である亜東書店が楽天に支店を出しております。
ここの鍼灸の本(日本語)の品揃えが半端ない。深谷灸法の書籍はこのブログでもリンクが張ってある「三景」で売っていますが、亜東書店でも売っています。
送料、楽天ポイントなどを考えて、どちらで買うか?考えてもよさそうです。


亜東書店 楽天市場店

【日本語】名家灸選釈義 第1編(正編)

【日本語】名家灸選釈義 第1編(正編)
価格:2,625円(税込、送料別)



【日本語】名家灸選釈義 第2編(続編)

【日本語】名家灸選釈義 第2編(続編)
価格:1,575円(税込、送料別)



【日本語】名家灸選釈義 第3編

【日本語】名家灸選釈義 第3編
価格:1,575円(税込、送料別)



【日本語】経穴活用宝典

【日本語】経穴活用宝典
価格:2,625円(税込、送料別)



【日本語】取穴法の全て

【日本語】取穴法の全て
価格:2,625円(税込、送料別)




テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。