スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長年の相棒 もぐさの雅

雅

 以前、撃鍼用、ていしんに金メッキていしん「小烏」(勝手に命名)を使っていると書きましたが、「相棒」は重宝します。
いくつもの修羅場?を共に潜り抜けてきた愛すべき友であり、道具であり、使い捨て鍼とは違い、大切にしております。

 で「やいと屋」名乗るわけですから、もぐさにもそれなりにこだわりたくなります。我が曾祖母は福助さんのマークの切りもぐさを使ったと聞いております。「亀屋左京」さんですね。うちの一族はここのもぐさを愛用していました。
 この流れからいくと、亀屋左京さんの「家伝もぐさ」が僕の相棒になりそうでしたが、学生時代のお灸の教師が愛用していたもぐさを僕も相棒とすることを決めました。小林老舗(もぐさ お灸)の「雅」(みやび)を相棒にしました。
 小林老舗さんはます灸で有名でしょうか?ここのパンフレットを取り寄せたら「雅」が思っていたより安いのでビックリ、小箱を買って試し、その後大箱を学生時代に買い求めました。燃えたときの甘い匂いが良いんですよ。最近、患者さんの中にも燃える匂いだけで効きそう、というファン?もできました。
皆様も、小箱を買って、色々試すと良いと思います。「丸一製薬」の「常盤」を試したときもありました。このもぐさは(あくまで僕の主観ですが)おとなしいというか、僕の手にしっくりきて、使いこなしやすい軟らかさがあったんです。「雅」か「常盤」に迷ったのですが、結局、雅にしました。
 他にも「釜屋」のもぐさもいつかは試したいと思います。「道具に頼りすぎでないか?」と自分でも思いますが、僕に腕がない分、道具で補う、というのもありだと考えております。

 因みに鍼は普段使いは「職人鍼」(主に置鍼用)単刺やここ一番で使うときは「前田豊吉商店」の「ニューニードル」使っております。前田さんの鍼は評判どおり、適度に切れ味良いし、切れ味が落ちない。「気至る」の感覚も得やすいです。
 鍼はもっと上手くなってから、上等な鍼を使いたいです。本当なら「鍼管」もこだわりたい。杉山真伝流の復刻版「純銀製極太鍼管」なんてもの欲しいものです。

 もぐさの「小林老舗」のホームページへのリンクはこのブログにあります。許可を得ました。カタログ請求は無料で出来ますので、興味がおありでしたら、問い合わせてみてください。

 まあ、愛用する道具に「小烏」くん、みやちゃん、ときわちゃん、どうたぬきとなずけているところで、やっぱり


馬鹿ですね。





 「うちの一族」が某忍者漫画の「うちわ一族」にみえて自分でも笑えます。炎を統べるうちわ一族、炎の施術で奇蹟を起こしたわが一族。一族という枠組みにとらわれている時点で似たようなものかもしれません。

 うちわ一族の特別な家系のみに存在する「写輪眼」。うちの一族でも灸が使えるのは、独特の感覚を持ったものにしか、使いこなせなかったのです。僕はその独特の感覚を本当は持っておらず、正確には純粋な正統とはいえません。国家資格とって、地道に努力したのですが、正統ではないので本当は「○○家 家伝灸崩れ」なんですね。
独特の感覚というものは、鍼灸師の職業としての適正に似た話ですので、まとまったらブログに書こうかと思います。


スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。