スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ化してほしい鍼灸師は深谷伊三郎です

 鍼灸師が大活躍するドラマとして必殺仕掛人があります。藤枝梅枝の知名度は高く、初演の故緒方拳氏の演技もかなり大きいと思います。敢えて言えば北斗の拳も経絡秘孔というツボが出ますので、漫画版の鍼灸師といえるかもしれません。しかし暗殺家が主人公ではインパクトがあっても、鍼灸って凄いとはなかなかなりません。

 まあ、やっぱり鍼灸師を主人公にして、映画化かドラマ化してほしいところ。どうせ願いはかなわぬでしょうが、僕は深谷灸法の創始者、深谷伊三郎を推します。「昭和の名灸師」と呼ばれ、灸法を完成させた偉人ですが、聞く所によると、江戸っ子気質で、かなりの人情家だったそう。山田洋次監督あたりの手にかかれば、下町の人情味あふれる、熱血漢な先生に仕上げてくれるでしょう。

 深谷といえば竹筒を用いた灸ですが、別に深谷をモデルにするだけだから、敢えて俳優に練習させなくても良いでしょう。ついでに時代設定はおかしいですが、やけどを起こさせない「灸点紙」は使ってほしいところ。映画みても、痕が付くのはイヤとなっては、どうもねえ。それとドラマ化すると人間臭さが前面に出て、鍼灸で病を治す描写は少なくなりそう。深谷が凄まじいほど治す場面を多数作ってほしいです。


 このブログでは、沢田流をかなり扱っていますが、もちろん、澤田健も良いでしょう。20年近く、朝鮮半島で修行し、そのころの記録は残っていないので、ある程度、自由に決めれます。ただ、弟子として代田文誌を出すのは気がかり。あの方は戦後、かなり影響力を残しましたので、あまりイメージを壊すのはいただけません。
 澤田健の友人にして、仕事仲間であり、沢田流の継承者でもある堀越亀蔵、つまり堀越の眼から見た澤田という視点はドラマにしやすいのではないか?

 深谷、澤田とくれば、鍼灸界中興の祖ともいうべき、柳谷素霊なんかも良いかもしれません。ただ、柳谷をドラマにすると、柳谷が尾張の織田信長のように、天才にして鬼才、風雲児、革命児、変人扱いされて、鍼灸界からブーイングが出てくるかも?逸話を聞いていると、そういう人物にされそう。まあ、岡部素道を主人公にして岡部の眼から見た柳谷という視点なら、それなりにドラマになるんじゃないかなあ。

 僕があげた人物は偏っている、と思われる方は多いでしょうが、鍼灸師で映画化なら、というネタでブログ書いてみては?
スポンサーサイト
プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。