スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらながら沢田流を思う

 台湾、董氏奇穴の使い手、楊維傑先生の倒馬針法はよく効くなあ、という事で、数年前に、董先生の別のお弟子さんの本を買い、最近、また別のお弟子さんの本を買いました。楊維傑先生以外の見方を比較したいと思いましたが、皆、よい意味でばらばらですねえ。(苦笑)似たところもあるが、違う解釈もある。まあ、引き出しを増やすという意味では買ってよかったと思います。最近買った先生は、日本の沢田流の影響を受けているとはっきり書いています。
 もっとも、楊維傑先生も、沢田流合谷と董氏奇穴について記述があります。楊先生は、その著書に、澤田健、本間祥白、赤羽幸兵衛について書いていますし、尾張徳川家の医師と思われる田中尚房の「鍼灸卒病」についても記述があります。鍼灸卒病は、鍼灸極秘抄の別伝とも言われ、愛知は碧南出身との説がある永田(長田)徳本、元祖知足斎先生の秘術を伝えたとされる鍼灸極秘抄。極秘抄まで研究していたかはわかりませんが、鍼灸説約などは記述があり、楊先生は今はアメリカで活躍中と思いますが、日本鍼灸にかなり深い造詣があります。ある意味、日本人鍼灸師より日本鍼灸を追求しているかも?楊維傑先生は日本の京都大好きなのかなあ。

 僕としては、僕が安心する流派、治療法は沢田流と深い関係があるようです。

 長野式の長野潔先生は、沢田流からはじめているようです。深谷伊三郎先生は、治療院が澤田先生の近くだった時、澤田健先生の患者の灸点を見て、澤田先生の治療術を知った旨が書かれている本もあります。鍼灸師の中には、澤田健のお弟子さんが深谷先生だ、と勘違いしている人もいるくらい。まあ、灸に情熱をかけ、極めたという意味では、灸界の両横綱、澤田健と深谷伊三郎と僕は考えております。(こんなことを書くと、沢田流、深谷灸法関係者からお叱りを受けるかもしれませんが)

 経絡治療の創始者、岡部素道先生は、その著書「鍼灸経絡治療」で澤田健の助手でもあり、最高の理解者、城一角先生と交流を持ち、城先生を八木下勝之助に紹介した事、また城先生を通じて沢田先生のお人柄を聞いた旨が書かれています。沢田流の重鎮、中川清三先生は、小野文恵先生の「解説 鍼灸重宝記」の題字を書かれていますので、澤田健のお弟子さんと、経絡治療創成期のメンバーと交流があったのかもしれません。澤田先生が凄い、と言わしめた松元四郎平先生の「鍼灸孔穴類聚」は復刻版を経絡治療史研究家でもある、上地栄先生が命がけで出した本ですから、浅からぬ関係を推し量ることが出来ます。

 沢田流のかなりの使い手と思われる中村了介先生は、長濱 善夫博士、木下晴都博士と共著を出していますし、また間中博士と堀越亀蔵の息子、堀越清三との共著もあります。中村先生の共著の相手を見ますと、イチローとメッシ、ウサイン ボルトが共著で本出した(あまり良い例えではないなあ)くらい、凄いことだと考えております。

 堀越亀蔵とその奥さんの弟、市石圭介の「灸点治療法」は僕の中では、秘伝書扱いです。

 代田文誌先生の「沢田流聞書」と「鍼灸臨床治療学」は現在、中国語版が発売されていて、中国でもそれなりに需要があるでしょう。

 沢田流が中国、台湾でそれなりに評価されているとしれば、澤田健先生も喜んでいることでしょう。

 4月に澤田健先生のご命日がありました。この時に、今考えている沢田流について、書こうと思いましたが、余裕が無かった。ほんの数分ですが沢田流聞書にある澤田健先生、還暦時の写真に手を合わせておりました。

 最近、原典回帰を考えておりまして、八木下翁と澤田健、明治から大正にかけての治療法の考察を考えております。どうなるかわかりませんが。将棋指しの名人から見る達人養成篇も書かないといけませんし。

 董氏奇穴の「倒馬針法」「動気針法」と佐藤久三の「ツボ秘法」三部作の手技を組み合わせておりますが、運動器疾患に恐ろしいほど効きます。僕が達人になったのか?勘違いするくらい。(本当に勘違いしていませんよ)

 董氏奇穴の最近買った本が届いたのが、ちょうど澤田健先生のご命日でした。因縁があるのか。


 私にどれだけ時間が残されているかわかりませんが、命の限り、澤田先生と岡部先生の足元に近づきたい、そう考えております。


 長文乱筆ご容赦 未来の達人たる子供に想い 子供の日に記す
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。