スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶっちゃけ 丹田ってなに?(コラ

 日本鍼灸では特にそうですが、臍下丹田の気を満ちたらす事を重視しております。では、丹田ってぶっちゃけナニ?
 案外、この問いに答えられる鍼灸師って少ないかもしれないよ。(遠い眼をしてお茶を濁すとか)

 では、ツボで丹田と呼ばれるところは何処でしょうか?

 「鍼灸重宝記」は石門(臍下二寸)に別名丹田としております。普通なら関元(臍下3寸)気海(臍下1.5寸)も入るでしょう。丹田は臍下にあるようですが、まちまちですね。

 では、腎間の動気でもそうですが、丹田の虚実を見極める方法は?

 普段、引用していない本から引用してみましょう。操体法を開発した医師、橋本敬三の「鍼灸による即効療法」(絶版)(この本の出版時にはまだ操体法はできていなかったと思われる。)


 虚症の目標
 外見上、心配なさそうに見える病人でも、運動系上では、腹部正中線上、臍下2~3横指のところを指圧してみて、あたかも穴でもあいているが如く、弾力がなく抵抗がなく指が入り込むようであれば、虚症に陥っている証拠であるから、予後に油断を許さない。弾力がでてくるようであれば有望である。「鍼灸による即効療法」橋本敬三


 ツボでいうところの、石門、関元付近を指で圧し、ズブズブズブと入るのは良くないよね、ということでしょう。

 さて、丹田の位置が微妙にずれているのは何故か?一ついえることが、丹田は眼に見えないからです。(ツボにしてもそうですが)そして、実際に人体を解剖しても、それっぽいものが無いからです。架空の臓器ともいえるでしょうが、無いもの無いかもしれないものを感じるのが日本人でしょう。

何故、一定でないのか?また、古典に丹田はなんと説明してあるのか?

 今日はお初の古典をこれでもか!これでもか!と出します。(年末大安売り)


 今回、引用するのは、本間祥白の「鍼灸病証学」です。(これも絶版)

 本間祥白は、経絡的治療の創始者、井上恵理のお弟子さんで、その人となりは上地栄氏の「昭和鍼灸の歳月」に書かれております。本間祥白の代表作ともいえる「鍼灸病証学」。この本の元ねたは韓国の「東医宝鑑」といわれております。ドラマになったホジュンの命がけの大作ですね。もっとも、その源流はさかのぼれ、中国の「医学綱目」とも言われます。病証の分け方を見ますと、確かに元ねたといえます。鍼灸病証学が手に入らなかった時は、医学綱目を買いました。とんでもない大作で、読み込めないし、使いこなせません(苦笑)

 では、丹田に関連ありげなところを引用してみましょう。


胞(一名赤宮子宮)
経絡衝脈任脈督脈皆胞中に起る。

婦人胎児の居る所名けて子宮という(東垣) 胞一名丹田、関元。臍下三寸に在り、方円4寸脊梁に著く。両腎の間中央の赤是也(東医)

臍は斉なり
其の上下斉しきを言う也。身の半正を臍中と言う、下丹田は臍下三寸に在り方円4寸。難経曰く十二経脈皆生気の原に係る、所謂正気の原は腎間の動気を謂う、即ち下丹田也、五臓六腑の本、十二経の根、呼吸の門、三焦の源也。
 「鍼灸病証学」(絶版)本間祥白


東垣とは、「脾胃論」を書いた李東垣であり、東医とは、ホジュンの東医宝鑑です。

 丹田は「点」ではなく「円形」臍下三寸にあり、直径?4寸。となると、石門も気海も丹田といっても別に良いでしょう。背骨にも連なっている、これなら、腎間の動気という表現も納得できます。(解剖学的に腎臓の高さとは違う印象がありますが)

 丹田とは、身体意識であり、あくまでも感覚ともいえます。

 とはいえ、鍼灸病証学、東医宝鑑の子宮の部分に書かれておりますから、ネットなどでは良く見かける、

 「丹田=子宮説」も当然成り立ちますよね。

 確かに、子宮に胎児が身ごもった状態と、上の丹田の説明は納得いくものがあります。

 さて、丹田、禁鍼説があります。石門なんかに鍼刺すと、子供が出来なくなるとか。

 私が持っている江戸古典には、凄まじい難産で、やむなく母体を救うため、最後の秘策として、この部位に深刺を指示するものもあります。(あえてツボ名は避けます)

 昔は、腹部は深く刺す事を指示するものが多く、確かに、丹田=子宮なら、こんなところに深く刺せば、内臓を損なうこともあったでしょう。しかも千年単位の前時代では、消毒法も発達しておらず、鍼も激太、正直、危険です。

 (古説重視とはいえ、そんな事もなかったとする有力説も多数存在します)

 妊婦さんにダメダメはもちろんですが、関元なんかは、慎重に使えば実に妙味のあるツボと言えます。

 出産後、昔風に言うならば、産後のひだちが悪く、頭にお血(古血)が上ると危険だから、関元付近に鍼をするのが、御園無分流、火曳きの鍼です。関元、つまりツボ、治療穴は条件、タイミングによって効果が全く違うともいえます。

 「丹田って子宮なんだ、じゃあ、男には丹田って無いの?」そんな疑問もあろうかと思います。というか、もっともです。

 衝、任、督脈の出る胞中って、なんとなく子宮っぽいけど、男だと何処なの?(これについては別の時に)

 一つには丹田は前立腺なんだ、という意見をネットなどでは見かけます。まあ…確かにそんな気がしないでもない。そうかくと、じゃあ前○腺マ○○ージって、丹田形成に良いんだ、受けてこよう!!(本来これって医療行為なんですが…)

 私は否定しませんが、房中術には少なからずこういう面があろうかと思います。丹波康頼が千年前に書いた「医心方」はそれまでの中国、漢方医学の集大成的な書物ですが、医心方には、房中術の記載が少しあるそうです(僕はまだ医心方読んでいませんから)医心方=房中術と考えている人はあまりにも多い。

 房中術を以って不老長寿ならぬ不老不死を目指そうとする人、研究した人がいてもおかしくはありません。

 でも房中術使って不老不死になった人、僕は見たこと無いなあ。



 さて、沢田流的に考察してみましょう。沢田健は、左陽池、中かん、(場合によっては右陽池)を以って、子宮左屈、子宮の位置異常を治したとされております。丹田=子宮と考えても良いかもしれないが、骨盤内内臓の位置調整をして、丹田の意識を認知させた、と考えるのはいかがでしょう?

 丹田が子宮、そして男なら前立腺なら、前立腺肥大、前立腺炎にこの技が効く事を安視させております。しかし、男の場合は、前立腺とは言えず、別のところに効いちゃうようです。(沢田流とか深谷の主治では、違う事が書かれております。


 丹田の秘密、こんなことは、ネットサーフィンして、気功、整体系の方がブログなんかに書かれているでしょう。

 せっかくだから、鍼灸師だから出来ることを、後編に書こうと思います。つまり、丹田育成を阻害するもの、例えば、「腹部瘀血」とか。

 続く


関連記事丹田 石門の危険性

沢田流太極療法 太極の別説


注 私は今まで、この記事を書く事をためらっておりました。丹田の禁鍼説の私なりの解説は、悪用する人が使う可能性があります。また、丹田=子宮説より、前立腺説はともすれば、こちらは別の意味で悪用され、誤った解釈がされやすい、そして私の文章もその危険性をはらんでおります。そのため、ブログで書く事をためらっておりました。ですが、丹田は十二経の大本であり、丹田の解釈は多くの方に有益では無いだろうか?と考え、批判を承知で書きました。この記事は期間限定にするかもしれません。このブログ記事を読まれた方は、気分を害する事もなくはない、なにとぞ、御了承くださいませ。
スポンサーサイト

テーマ : 医療
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。