スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらながら名家灸選釈義を読む

昭和の名灸師として名高い故 深谷伊三郎氏は駆け出しの頃江戸古典の「名家灸選」に触れました。
この本は、江戸時代、各地に伝わる秘伝、名灸穴の治療で試してみて、実際に効果のあったものだけをまとめたもの。治験の実のみ集めた姿勢から感銘を受けた。その旨を深谷氏自ら筆を取る「名家灸選釈義」に述べています。
名家灸選釈義は深谷氏の絶筆といってよく、第三巻のあとがきにご子息の新間英雄氏の文章に目頭が熱くなります。私の治療でさり気なく治療の「締め」に名家灸選釈義に載っている灸法を試してみると、これが理屈ぬきに効く。
私は名人の域まで行っていませんが、もし名人の領域まで行くことができるならば、名人に仕立ててくれた書物は間違いなく、名家灸選釈義でしょう。名家灸選釈義の良さは東洋医学的な「証」ではなく、頭痛、腹痛など、わかりやすい疾患名で書かれていることです。
東洋医学的な「証」は中医学的姿勢でも、経絡治療的姿勢でも、今の僕には難しいものがあります。その点、名家灸選はわかりやすい。「やった、効いた、治った、のさんた、だとしても今の僕の力量では実にありがたいものです。名家灸選は比較的少数穴です。
以前、ブログでも書きましたが、私は少数穴主義にかなり慎重です。

少穴主義は怖さがある


で今の僕は、名家灸選の名穴のみ使うわけではなく、沢田流太極療法の基本穴で全身調整プラス名家灸選の灸穴、経絡治療の本治法プラス標治法として名家灸選の名穴。
長野式だけでは物足りない時に、オマケとして。基本の治療法のプラスアルファとして使っています。全身調整が効くというよりも名家灸選の灸が効いているような気がしますが、とにかく治ればよい。ただし、名家灸選の灸をつけたお蔭で、刺激量が多くなり、悪くなってはもともこもありません。
その辺の刺激量にはかなり気をつけています。

あなどれぬお灸


少穴主義は怖さがある

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。