スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積聚(しゃくじゅ)治療の研究を始める

それなりに色々な流派を取り入れてきたし、これ以上増やすのは、鍼灸の世界で永遠に自分探しの旅をするのに等しいので、この辺で身につけた技の熟成を考えていたのだが、新に積聚(しゃくじゅ)治療の習得を思い立った。
 積聚(しゃくじゅ)は腹部の塊りと簡単に言えばそうなる。この治療法は難易度が難しいと思っていたのだが、それは先入観であるらしい。
何で覚えようとしたのかは、積聚治療で使う背中のツボは僕が常用しているツボと一致したからである。背中のツボは深谷灸的に使っていたのだが、その変化技として覚えるのも面白いと思った。
それに腹部の反応、積聚の探し方は、無分流の延長線上で考えている。もう一つ、積聚を覚えようとしたキッカケは、積聚治療で反応を見る前に行う接触鍼を僕も使ってみたところ、変化が出てしまったのである。それを以って、僕も使えるのではないか?と思ってしまった。

体質改善として、沢田流太極療法、経絡治療の本治法、長野式の数種類の処置とともに、積聚治療が僕の新たな武器になるかも知れない。どうなるかは今後のお楽しみ。器用貧乏にならなければ良いのだが…

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 出来ることから始めよう!
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。