スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床で飯を食っているが必ずしも教え方が上手くはない件

 これもよく聞く言葉ですが、学校教育では真の名人は産まれない、といわれております。この言葉には色々な意味があるので、ここでは次のようなケースに絞ります。
(例)ある勉強会の先輩から言われた。「学校の先生は臨床でメシ食っている訳ではないので、治療についてはうちで学びなさい。」

 まず、勉強会というものは、本来は技術や理論を学ぶ、教える所ですが、現実は勉強会運営を目的としている、つまり会費を頂き、会を運営させていく事が目的になってしまったところがあります。
まあ、勉強会に所属して、何かしら肩書きを頂けば、人は喜ぶものです。僕だってそうです。
 それと鍼灸学生や鍼灸師は大きな勘違いをしています。それは、治療が上手い=教え方が上手いという図式を持っている事です。それと鍼灸教師=治療が出来ない(治療が上手ければ開業しているわけで、ヘタだから教師で食っている)これも偏見として持っているようです。

 プロのスポーツでは必ずしも名選手が名指導者になっていない、という事実は一般論として定着していると思われます。これは鍼灸の世界でも言えることです。鍼灸の技術は悲しいかな、名人芸が教え子にそのまま伝わるというのは少なく、ほとんど我一代で終わってしまうようです。別に名人芸を目指していなくとも、教え方が上手い人から習いたいというのが人情。
 僕がここで敢えて言いたいのは、臨床で飯を食っている、治療が上手いと教え方が上手いは必ずしも符合しないと言う事です。

 もっと言えば、この世界は偽りだらけ、実際は治した経験も無いのに、勝手にホームページで名人を自称している人もいるのです。ですので、相手の技量を見破る眼力を身につけることが必要です。私が経験した事ですが、ホームページでは精神疾患を得意としているとする鍼灸師に会いましたが、実際話してみると、治療経験すらほとんど無かったのです。また、オレは置鍼なんて下等な技しねえよ、と言っていた鍼灸師もいましたが、いざ治療を見てみると、確かに置鍼はしていませんでしたが、電気のチクチクをしていました。言い訳として、実際の治療は違 

 ああ、幻、タテマエ、本質を見抜く眼力が無い。いや眼力を人は教えていない。真実を見抜く眼を持たねば、どの世界でも大成することはないでしょう。
 勉強会(流派)にしてもセミナーにしても、学生をだますようなやり方で、信者じゃなかった会員を増やすやり方には疑問を持ってしまいます。

 話をはじめに戻して、臨床が上手いと教え方が上手いは必ずしもイコールではないが、中にはそういう人もいます。僕もそういう人でありたい。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。