スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その時歴史は動いた!? 9月8日

僕がブログを書き始めたのは、2004年の9月8日。勿論これは、前作「尾陽雑記抄」からです。このブログ好きな人からは多大な評価を得て、今日まで現存しております。このブログは僕の中では、もう役目は終わったと思っております。僕が係わった「筒井天王祭」はそれなりに有名になったからです。
 それに僕自身、祭礼から本人の意思とは反して?どんどん遠ざかっているからです。そりゃこの歳になると、色々立場があるわけで。

 それはそれとして、「尾陽雑記抄」が書かれる頃を回顧してみましょう。この一年前にメルマガ「007名古屋商法」というものが出発しております。これは名古屋で活躍する経営コンサルタントが集い、
メルマガとして情報発信するというユニークなもので、現在も「まぐまぐ」で連載中です。「尾陽雑記抄」が書かれる半年前にgooでブログサービスがはじまりました。gooブログの重鎮はかなり初期から使っておられまして、僕は見方によっては創成期メンバーですが、おそらく第二世代となります。
 この時、楽天日記、ライブドアブログ、gooブログから選びましたが、gooにしたのは、ブームに乗ろうとしない体質でした。楽天日記はブログとしてもこの頃でも老舗でしたし、ライブドアは飛ぶ鳥を落とす勢いでした。
gooはNTTグループということもあって、時代の趨勢を見極めていない。だから僕はここを選んだんです。

 名古屋の人間は「逆張り」を好む、と言われます。時代のブームに乗らないところがあるんですね。それとgooの硬い気質も決めてでした。いわゆるアダ○トブログは作ったら数時間で無くす、という実に厳しい態度を取っていたので、ここにしたんです。

 ブログ書き始めたら書き始めたで、それなりに問題も出てきました。まずHTMLの知識が無かったから、文字を大きくするなど、それこそ数週間かけて、あ~でもないこ~でもない、と色々苦労しました。
 それとこの頃は「炎上」がブームで、可能な限り、炎上しないリスク管理、したら、さっさと逃げるみ逃げ道の確保をしていました。それと、文章で表現する苦労もありました。書きたい情熱はあるのですよ。でもその情熱に自分の文才がついてこなかった。
 だから、あのブログは、3年目からやっと自分の言葉で書くことが出来たんです。そのきっかけが「筒井天王祭」紹介文章でした。それまで悶々としていたものを表現できてとりあえず、自分では一つの区切りとなりました。ですがその文章書いても、全然満足しないんですよね。

 それだけ、地元の祭りに対して、熱く、知識が有り余っていたのでしょう。

 ブログって書いていると「この世界の常識ってなんかおかしくない?」とブログ生活を送るに至って、疑問も出てくるのです。一つ例を挙げれば、皆ブログを書くと猛烈に「アクセスアップ」に走りたくなるのですが、この風潮に疑問を持っていました。
僕が当時書いていた「祭礼 民俗学ブログ」が爆発的人気が出るわけは無いのですが、随分おかしな所があるな、と。

 gooブログでよかったのは当時は「gooブログセレクション」というものがあって、これに選ばれたブロガーってなかなか読ませる文章を書くのですよ。「むだづかいにっき」「ブログはじめますた」などかなり読み込みました。この方達の文章は、僕が疑問に思っていた事を実に適確に指摘していたのですね。
ブログ世界の常識?の不思議さがかなりわかった気がします。どんなものでもそうですけれど、さきがけ、創成期メンバーの文章は読むと、色々考えさせられる。

 当時、gooを選んでよかったですね。むだづかいにっきなどは、gooブログから移転しましたし、創成期メンバーは休止したり、移転したりしています。この方達が文章書いていた同時代に生の文章を読めたことは貴重な財産だと考えております。

今は鍼灸ブログを僕は書いています。上記の「尾陽雑記抄」の流れって、もの凄く牛歩ですけれど、僕がリアル社会で、開業した時の苦労の予行演習とも感じられるのです。
今のブログも第二の予行演習としているのですがね。色々な方面で自分をテストしているのですが、まあまあのデータが取れました。

僕は某所で鍼灸の講師しているのですが、鍼灸社会の考察なんかコラム結構書いていますけれど、その基本姿勢はgooブログ創成期の方々が書いたものを読んで、自分の頭で社会を見ているのです。その視線がユニークと好評を得ております。

幸か不幸か?ブログ記事読まれて、僕が(内容は別として)文章が書ける人間として評価されております。内容は別としてね。

興味をもたれたなら、ブログを書くことをオススメします。時間の流れ方が変わります。


関連記事 僕がブログを続けるワケ

尾陽雑記抄セレクション ここに筒井天王祭について書いた記事のリンクがあります

むだづかいにっき

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 出来ることから始めよう!
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。