スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご~まんかましてよかですか?シリーズ 東洋医学的な世界観を布教しよう

 教祖のお仕事は人をハッピーにすることです。(中略)彼らは人々に世界を解釈する斬新な方法を与えていたのです。私たちが何を考えていようとお構いなしに、「世界」は、こう、どーんと存在していますよね。問題は、私たちがその「世界」をどのように解釈するかということです。どう解釈したらハッピーに生きていけるのか、十人十色ですから、それは人によって違います。科学的に解釈するのも一つの選択ですし、キリスト教的に解釈しても、仏教的に解釈しても、イスラム教的に解釈しても構いません。それは自由ということになっています。「実はこれが正解でした!」というのが本当はあるのかもしれませんが、今のところ誰にもわからないので、自分がハッピーになれるものを選べばよいのです。教祖のお仕事は、そんな選択肢の一つを与えること、つまり、あなたなりの世界解釈を説くことなのです。 「完全教祖マニュアル」より

 鍼灸といえども万能ではありません。二百歳まで生きられるようにするとか、心臓の止まった人を甦らすとか、無理な話です。鍼灸師のお仕事も実は人をハッピーに生きる糧を与えることともいえます。人間は誰でも病になります。たとえ不治の病としても、残りの人生が楽しく生きられるようにする、そんな価値観を示すお仕事ともいえます。

 人体も本当のところまだよくわかっておりません。西洋医学が進み、今後、西洋医学的な解釈でわからないことが無くなるかもしれませんが、今のところ無理があるようです。そこで我らは東洋医学的な解釈の方法を示し、人々をハッピーにするというのはどうでしょう?

 もちろん、東洋医学は様々な解釈があります。中医学的な解釈、経絡治療的な解釈、または自分で作っても構いません。どれも正解とはいえないかもしれないし、実は正解かもしれない。わからないから、それは自由です。ですが今の鍼灸界はその解釈の仕方で争っております。それは不毛ですよね。争うぐらいなら、多くの病める人にハッピーを与えた方が有益です。

 西洋医学的な解釈をするのがドクターなら、僕らは東洋医学的な解釈をする専門家を目指してはどうでしょう?もちろん、ドクター的な解釈でも構いません。しかしながら、今は西洋医学でもよくわからない疾患が多い。そんな時に違った解釈で救いの手を差し出すことができるかもしれない。西洋医学だけでは、全ての人々をハッピーにできないのです。

 東洋医学的な解釈を示し、病める人に違う選択肢を与えること、それが僕らの仕事になるかもしれません。

 人々に布教できるくらいになるには、東洋医学的な人体感、そして臓腑の働きとか疾病の病因、病理について知らなくてはできません。今は鍼灸学校を卒業したら、そんなものは臨床に役に立たない、として捨ててしまう鍼灸師が多いのです。臨床の役に立たないのではなく、知識の使い方を誤っているのです。東洋医学概論の教科書を手始めにして、自分で古典を読んでみるとか、考察するとか、そういう作業をめんどくさいから避けているのが実情ではないでしょうか?

 私なりの雑感ですが、東洋医学をそれなりに使いこなせるようになる勉強の時間量は西洋医学よりはるかに短時間で、マスターできます。ドクターの真似をしなくても良い。これは鍼灸国家試験でも解剖学、生理学の必要とされる知識量よりも、東洋医学概論の知識量がはるかに少ないことから類推できます。

 (ですが、東洋医学を自由自在に駆使するのは、それなりに経験と学識、絶え間ない研究がないと難しいですが…)

 学校を卒業すると、今まで学んできたことは臨床の役に立たないと捨てるのも一法。ですが、学校で学んだことを臨床に応用できないか?と試行錯誤したのが、学校卒業後の私です。どちらが良いかはわかりませんが、そういう生き方もあるのです。

 私はやいと教教祖として、患者の皆さんがハッピーになることを願ってやまない者であり、そして、このブログを駄文ながらお読み頂く皆さんの幸福を願ってやまない、一人のしがない教祖でもあるのです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。