スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムニュータイプと鍼灸の達人


 「ご~まんかましてよかですか?」を書いて以降、ぶっ飛んだことを書く欲求が出てしまったようです。友人とガンダムユニコーンのエピソード4を見てきました。ガンダムユニコーンは、僕ら世代には嬉しい場面が一杯ですね。(というか僕ら世代がターゲットだろうし)シャアは生きているのか?アムロもひょっとしたら?色々複線が張ってあるようです。

 だれも書かないだろうな、と思う事でガンダムのニュータイプと鍼灸の達人について。

 ガンダムの世界観で、特徴的なのは、初代では「ニュータイプ」という概念が出てきたことです。何分、ガンダムを創った人の富野氏自身が、ニュータイプは失敗だった、と発言していますが、ニュータイプという存在は、良くも悪くもファンの中で一人歩きしてしまったようです。
 ニュータイプとは?


「ニュータイプは、一般に認識能力の拡大により人並み外れた直感力と洞察力を身につけ、並外れた動物的直感と空間認識能力を持ち、独特のサイコウェーブ(脳波)を発する。また、離れていても他者やその状況を正確に認識し、意思疎通をする能力を発揮し、後に開発されたサイコミュと呼ばれる脳波と兵器を連動させる機器を扱う能力を有している。このため敵を視認することなく「気配」で探知し、さらにその機動を先読みして攻撃、一方では敵の攻撃を察知して回避するなど、戦闘において圧倒的な力を発揮している。」

引用元 ニュータイプ

 ファンネルなどサイコミュ兵器を使えるとかはそれは置いといて、ニュータイプの「一般に認識能力の拡大により人並み外れた直感力と洞察力を身につけ、並外れた動物的直感と空間認識能力を持つ」という所は、鍼灸の達人と呼ばれた人たちが身に付けていた能力でないか?と思うようになったのです。

 鍼灸って基本は手の職人芸。職人芸では何よりも経験と修行年数が能力の土台になると考えているんです。ところが、臨床歴はそれほど長くないのに、恐ろしいほど治療能力の高い鍼灸師っているのです。

 臨床歴十数年のいわゆるベテランと学校出たての新米鍼灸師なら普通はベテランの方が優れているでしょ?ところが純粋に能力を比べても遜色ない鍼灸師っているのです。普通はそういう上達の早い人を「センスが良い」と表現しますが、どうもそれだけでは解釈できないのです。

 鍼灸師は高校や大学を出て鍼灸専門学校に進む人が多いですが、30代や40代以降にこの世界に入る人間も多いのです。昔の鍼灸の大家は大学を出てから鍼灸の世界へ入ったり、結核にかかり、鍼灸の可能性を知ってから鍼灸の専門学校に通って鍼灸師になり、大成した人も結構居るのです。

 いわゆる、「遅咲き」も多いのですが、単純に考えて、経験値の差が出るから、遅咲きより早くこの世界に入った人間の方が有利ですが、遅咲きの方が優れた鍼灸師になることもまま、あるのです。(ですが数で言えば、経験の長い方が多かったりしますが)

 このブログでは、沢田健がよく登場しますが、澤田健は初め柔術から接骨の世界に入った。その後「十四経発揮」を買い求め、苦節二十年(この二十年という年数は諸説ありますが)沢田流、灸の達人としてこの世界で脚光を浴びるのですが、澤田健はとてつもなく勘が鋭い。これは「沢田流聞書 鍼灸真髄」を読めばわかります。逆に代田文誌は対照的に凡人との印象を受けます。代田文誌も少なくとも当時の鍼灸師の中では使い手のはずですが、凡人に見えるほど、沢田健が凄すぎる逸話が多いのです。澤田健はニュータイプじゃないかって。

 沢田健は還暦過ぎにお亡くなりになるのですが、その年表を逆算してみると、治療経験の年数が少ない時から妙技を披露していた事がわかります。初代ガンダムでほとんど経験のないアムロが歴戦の勇士を倒していく。これとダブって見えたりします。アニメは主人公に対する「ご都合主義」のようなものがありますが、現実に鍼灸の世界であったりする。

 単純に「臨床経験」「経験値」では計れ無い、なにか特殊な力があるのかもしれない。

 私は沢田健が手始めに読んだとされる十四経発揮の中国語版を8月に買って読んでいるのですが、十四経発揮に達人に覚醒する秘密があるのではないか?と疑ったのです。

 十四経は読むとわかりますが、身体の体表や身体の中を流れる経脈の流れを示したもので、経脈は普通は見えません。世の中にはシャアのように「見える!私にも経脈が見える!!」と言い切る人も居るかもしれませんが、ごく普通の人は見えません。

 見えないものを感じる。澤田健は十四経発揮の経脈を生ける人体に当てはめる苦労をします。ここに達人に覚醒した秘密があるのではないか?と。

 僕は「鍼灸極秘抄」という鍼灸の古典からこの世界に入ったのですが、極秘抄はいわゆるツボ(特効穴)を載せた本です。

 十四経は直接ここに鍼をすれば、こういう病気が治る、とは書いてありません。

 今僕は、十四経発揮は身体の中をイメージする、空間認識能力の鍛錬に最適なのではないか?と仮説を立てているのです。

 澤田健は不問診の達人で、見ただけで何処が悪いか?当てたといいますが、これなんかニュータイプじゃないですか。病邪が何処にいるか?気配で察するなんて、ほとんどニュータイプ。

 昔の達人はお亡くなりになると弟子たちによって、話が大きくなり、「都市伝説」化して行くのですが、それを差し引いても、達人には凄すぎる逸話が多い。

 脈診の大家だった八木下翁、同じく脈診の達人で、脈を診れば、患者以上に患者の身体の状態を言い当てた長野潔、岡部素道や井上恵理、不問診を著した柳谷素霊も達人の域に達していたのでしょう。

 単純に臨床経験を積めば達人になれるという事は無いようです。達人の境地に至るには、他とは違う何か特殊な鍛錬を必要とするのではないか?

 ニュータイプというものも、なるには「覚醒」という表現がされていて、原則、誰でもなれるようです。

 鍼灸の達人が至った境地も、原則、誰でも体感する可能性はあるのでしょう。三十台くらいの鍼灸師には、ガンダムで言うところのニュータイプに覚醒できるかもよ?と夢を書いておきます。

 しかしながら、高岡英夫の「究極の身体」を読むと、上記の話は夢物語とは言い切れないようです。高岡理論も全てが真実か?と言われると、僕自身、迷う所ですが、人とは違う努力をすれば、人とは違う境地に入る権利を与えられる、というのは、決して言い過ぎでは無いだろうと考えております。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ニュータイプ

たしかニュータイプはMSで戦うことだけじゃなくて、人が宇宙に出て進化して、無意識のうちに人と人とが誤解なく分かり合えることと言っていたような気がします。
鍼灸(特に鍼治療)も患者さんと施術者が無意識の底でつながり、共鳴することが、「気」の治療だと考える人もいるようです。
その辺は共通性があるような気がします。
よい治療を深く考えている人は、直感力や洞察力はあると思います。
この業界には年齢経験関係なく天才が存在するのは事実ですね。ホント羨ましいです。努力しなくても自然によい治療できる人もいますし。
まあ、ボクはオールドタイプですが、努力してバイアラン・カスタムでニュータイプの乗るガンダムと互角に戦いたいです(笑)

Re: ニュータイプ

 ニュータイプをファンネルとか使える人、と考えちゃうとそれまでですが、第六感が優れた人となると、鍼灸の世界でも結構あてはまります。岡部素道が脈診のコツを書いているのですが、これが相手の身体に自分が入る感覚と書いてあり、岡部の言葉ってニュータイプじゃない?と思ったのがはじまり。手首の脈を探る、丹田に手を当てて患者の身体を探るのって、ニュータイプみたいじゃない?と考える様になったのです。気のやり取りもニュータイプの交感と考えられる。

 岡部は学生時代から頭角を現していたそうですし、沢田健にしても、普通の鍼灸師より臨床経験の少ない時に何かしら悟った感があります。この世界にも天才はいるようで、シャアじゃないが「ええい、こいつはバケモノか?」と思うこともしばしば。
 天才に生まれかわる事は出来ないが、天才の持つ感覚、身体は後天的に手に入れられるというのが僕の持論です。僕の身体で証明できればよいのですが…

 ツボ太郎先生は、シャアじゃないですか?鍼灸の世界の閉塞感を打破する為に生まれてきた存在だと思いますよ。

 しかし、僕らって古典派と呼ばれる人よりも古典に詳しくないですか?それに僕の学生時代、今の学生は代田文誌や柳谷素霊を知らないのか、と嘆いていた教師がいましたが、僕ら、代田先生や沢田先生について熱く語っているし。扱うものはオールドでも概念はニュータイプかも?
プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。