スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツボ秘法 (佐藤久三)

 既に絶版になってしまった本ですが、高評価をする人がいるので、数ヶ月前に買いました。
佐藤久三氏は身体均整法の相談役も務められていた方。
 一応、一般向けらしいですが、内容は完全に鍼灸師向け。

 身体均整法と思われる手技が多く記載されています。

 一般書なので、一般の人では使えない「鍼」はまったくないです。手技と灸の技の宝庫です。

 接骨院とかマッサージ業務に就かれている方におすすめ。

 本書て使われているツボの組み合わせは、子午流注で、鍼灸師でも知る人は少ない。

 巻末にはツボの解説もあり、本中には、腹部、背中、手足のツボの場所の記載もある。
 完全ではないとはいえ、実際に人の身体のツボに触れてツボを体感したい人にもおすすめ。


病気をなおす人体ツボの秘法―100人100様のツボのさぐり方と治療法病気をなおす人体ツボの秘法―100人100様のツボのさぐり方と治療法
佐藤 久三

ナツメ社 1993-03
売り上げランキング : 124164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おもしろそうな本のご紹介、ありがとうございます。

おもしろそうな本なので図書館で借りてみました。残念ながら大阪の図書館では佐藤久三氏の本はこれ一冊のみみたいです。(厳密に言えば、小林三剛氏との共著が一冊ありましたが)

症状別の経穴の組み合わせの中には確かに子午流注が含まれていますね。配穴的におもしろいものもあるので、参考にしてみたいと思います。

また、腹診のラインでの診方もなるほど、と思いました。診断の一つとしてかなり使えそうですね。

どこかで残りの2冊も見つけたら確保するなり、借りるなりしてみたいと思います。
ありがとうございました。

さすが!!

配穴だけで子午を見抜くとはさすが!!
患側と健側の組み合わせなど、きわめて面白い使い方です。

ツボの新秘法では、奇穴など使っています。
ただ、診断法にオーリングなど使っていて、オーリングが使えないと、厳しいかな?という印象を受けます。

子午の使い方など、台湾鍼灸の董氏奇穴(楊維傑)に似たものを感じます。

腹診とか背中の診断は、かなり実用的に思えます。

沢田流でおなじみのものや、深谷的と思えるものもあり、なかなか興味深い本ですよ。
プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。