スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっちゃんの名にかけて!!李家 家伝鍼灸

 学生時代に故李世珍先生のブームが去った時であったが、何故か惹かれるものがあった。

 学生時代に既に4代目李世珍先生の息子さん(第5代)お孫さん(第6代)の本が出版されていたが、今回、購入することにした。

 タオバオ便を通じて絶版になった「常用腧穴臨床発揮」「針灸臨床弁証論治」のPDFをダウンロード購入、(色々とリスクはありそうだが)ついでに「祖伝針灸常用処方」を本で購入。

 李式家伝鍼灸術は、30年近くかけてその三部作を出版されたことになり、その膨大な文章量、忍耐強さに凄さを覚える。
 祖伝針灸常用処方には、先祖が開発した鍼の組み合わせが多数記載されてあり、そのどこもかしこも先祖に対する深い敬意、愛情、思い入れがあり、まさに「じっちゃんの名にかけて!!」という熱さを感じさせる。

 思うところとして、処方例にある組み合わせから、陰の経脈の使い方、どこを補い、シャするのか?(僕が理解するところの)日本鍼灸とは違ったところ、さらに相通じるところもある。

 詳しく書くと、僕の頭の悪さ、腕の不味さを披露してしまうので書かないが。(苦笑)

 しっかし、少数穴で効かせるところに、腕のよさを感じてしまう。

 僕なりの やいと式李家家伝鍼灸術を作ってしまおうか?とも思うが、あまり実戦には使わないだろう。

 先祖への敬愛には、どこか親近感を感じてしまう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。