スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澤田健の診断術(後編)

 もう一度、引用文を書く。

 先生は腎臓云々といって腎に重きをおいたが、脾臓にも肝臓にも重きを置き、肝脾腎三焦と口癖のように云っていた。膈兪は膈兪として、心兪は心兪として、肺兪は肺兪として、それぞれ重要な穴であること勿論であるが、これらの穴は肝脾腎三焦ほどには使はれなかった。次髎の穴は、殆ど総ての患者に用いられたが、これは骨盤部内臓の治穴として重要なばかりでなく、足の方の病気にも必要であり、また身体の上部よりも下部に力を注ぐことにより、丹田に力が満ち、身体が安定するためであったのではないかと思ふ。いや、そればかりでなく、膀胱兪を殆ど用ひなかったので、膀胱兪の代りに次髎を用ひられたのかもしれぬ。膀胱経は、身体の後側の殆どすべてを占める重要な経絡であり、五臓六腑の兪穴はこの経の上にあり、内蔵の故障のすべては膀胱経の上に反応となって現われて来るので、この次髎の穴を重要視したのであろう。
 身柱も重要視した経穴で、殆ど総ての患者に用ひられた。内経を重視し、古典に基く治療に終始したわけであるが、先生の治療の根本をなすものは、古典の説のみでなく、生ける体を読んで治療するといふ達識に基いて、長年の治療経験によつて自得された力であろう。


 さて次髎の穴であるが、二つの次髎の中点、仙骨の正中線の一点は立った人間の重心の位置になり、次髎を使うことにより、立った時に身体の軽さを認知させる目的があったのではないかと考えている。しかし、膀胱兪をあまり使わなかった理由はなにかあるのであろうか?

 また、沢田は腎間の動気の位置(丹田)をイメージして治療していたのではないか?というのが私の考察である。空間認識能力とでもいおうか、灸をすえるとき、空間を意識して灸をすえると、効果が倍増されるのではないか?というのも私の今のところの結論である。

 沢田流は基本穴を使えば全身にバランスよく配合されているので、初心者でも全身調整が出来る、と考えている沢田流論者は多いだろう。(実は最近まで私もこう考えていた)しかし、はじめに基本穴ありきで治療していたわけではない事は、上記の文章で読み取って欲しい。

 はじめに基本穴ありきでは、沢田健が重視したであろう、体表観察が二の次になる。また、基本穴にしばられていては、柔軟な対応は出来ないのではないだろうか?多くの流派は創始者が作った治療パターンの踏襲に後継者は終わり、それ以上発展させる事が出来ないのは、鍼灸史の示す通りである。肝心の沢田流も沢田流基本穴を使えば、それでよい、としてそれ以降の発展が妨げられた事はいなめない。

 これは、沢田流だけでなく、今も続く鍼灸流派の問題点で無いだろうか?創始者がカリスマであった場合、あの先生の考えたことだから、間違いはない、と深く、いや、何も考えず、踏襲する場合はあるのではないか?

 とはいえ、すぐに創始者の作ったものを変えてしまう弟子も、それはそれで問題だと思う。変えてしまう弟子は、後継者とは呼べない。この辺は、鍼灸だけでなく、技術の伝承、また弟子の育成方法、色々な問題点があり、簡単に結論は出せない。

 沢田の真骨頂は、左陽池と中脘に灸をして、様子を見た、という事ではないだろうか?そして治療をしながら、丹田を探り、灸の配分を考えていた事ではないだろうか?これは近くで見ているだけではわからない。実際に患者に左陽池と中脘に灸をして反応を確かめなければならないのだが、沢田は総ての患者にここだけは譲らなかったのであろうから、弟子たちは自分の治療院で自分の患者に治療して体感するしかなかったであろう。自分の患者に使い、その体験を重視する事は、鍼灸総てがそうかもしれない。

 また、沢田健の治療は和室の畳の上であったろう。仰臥と伏臥の体位変換はベッドの上では、案外難しいのである。畳の上なら転がるだけである。沢田流の衰退は、治療室が和室からベッドの上になった事も関係しているかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。