スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯田線と小坂井菟足神社の車楽 新旧車の競演

飯田線1


 愛知県豊橋より続くJR飯田線は秘境の駅が多くて有名です。数年前より名古屋豊橋往復切符というものがあり、名古屋のJR各駅(大曽根、千種、金山など)より豊橋そして飯田線の豊川までを、往復土日祝日は1,500円で行ける格安券です。また、名古屋と新城、本長篠を結ぶ格安往復切符もあります。本長篠は織田信長と武田勝頼が戦った、長篠の戦い、主戦場であり、豊川は日本三大稲荷、豊川稲荷まで近い駅です。豊川稲荷は、平成二十五年、B-1グランプリの会場であり、愛知では織田信長、加藤清正を凌ぐ名声を得たイチローも通うとされる所。イチロー直筆の千本のぼりは、とあるところで一般公開されております。(昔は横浜の天才、鈴木尚典が現役時代は直筆のぼりとイチロー直筆のぼりはセットで飾られておりました)

 今回は、現在は豊川市になった小坂井駅近くにある、小坂井菟足(ウタリ)神社の祭礼、風祭が4月の第二土日にあり、日曜には2輌の車楽が曳かれます。このタイプの車楽は、本来なら、尾張一ノ宮、真清田神社、尾張二の宮、大縣神社、尾張三ノ宮、熱田神宮にそれぞれありました。そして名古屋にも数輌ありますが、名古屋市のは動かず、飾られるのみ。菟足神社の車楽は現役で動いております。

 余談になりますが、熱田神宮の車楽は大山とセットで、室町時代以前よりありました。熱田の天王祭として、旧暦6月2日にありました。(現在は新暦6月5日、大山、車楽はなく、復活した巻藁船など)6月2日は、尾張の英雄、織田信長が本能寺で没した日。熱田の人は、郷土の英雄の死を悼み、祭礼途中ながら、その場で大山などを解体して祭礼をやめた、という逸話も残っております。

 名古屋では、動かなくなってしまったタイプの山がこうして動いており、私としてはとても嬉しいです。

 菟足神社の車楽(小坂井の人は山車と呼んでいます)は二輌あり、それぞれ飯田線の踏み切りを渡ります。
 時間によっては、トップページのように、山車と飯田線の新旧御車の競演も見ることができます。

 私は決して電車専門とはいえず、飯田線の魅力を感じましたならば、是非お越し頂き、飯田線を貴方の手で、輝かせて頂きたいのです。

 数年前、菟足神社の祭礼は、旧郷土史ブログで書いておりました。

小坂井町へ行ってきました


 2006年か、この頃は郷土史ブログ時代の全盛期(冷や汗)案外、これが傑作の口です。

 動画篇も追って作ります。動画はユーチューブのみで公開予定でした。日本ブログ村記事トーナメント用に新たに書き下ろしております。

 山車は本来は屋根を上げたまま動かしていたそうですが、飯田線の開通により、屋根をおろす仕掛を作り、トップページのように屋根を下げて飯田線を渡ります。


ウタリダンジリ1

 遠くで見た山車と引き手の様子。木遣り唄を謳いながら曳かれます。

飯田線1


飯田線2


ウタリダンジリ 3



山車と飯田線のすれ違いは動画ならこんな感じです。




ウタリダンジリ 渡る

ウタリダンジリ4


愛知県の三河は、花火の産地であり、山車の曳航時も爆竹を鳴らします。(ちゃんと後片付けも考え、所定の位置でないと鳴らしませんのでご安心を)初めて行かれると驚くかもしれません。

ウタリダンジリ 勇姿



宿山車1



宿山車2


もう1輌の山車は、ウタリ神社の鳥居前で最後の曳き込みです。


ウタリ神社 風車

 風祭で売られる疫病除けの風車です。自宅兼治療院に飾りました。

 おう!弥七か!!


大きな地図で見る
愛知県豊川市小坂井町菟足神社


大きな地図で見る

下の地図の地点が飯田線と山車がすれ違ったところです。


日本ブログ村記事トーナメント投稿記事
ローカル線紀行ブログトーナメント - 鉄道ブログ村
ローカル線紀行ブログトーナメント

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 専門教育へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/16 08:54)

豊川市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

小坂井菟足神社祭礼「風まつり」、総集編まで読ませていただきました。
地元の方にしか分からないような事まで、詳しく書いてありました。
時間のある時に、もう一度、読ませていただきます。

Re: No title

旧ブログは聞き取りまでしましたからね。
あの頃は、ユーチューブ貼り付けできなかったかな?

あの山は動くと大きいので豪快です。
爆竹の音が大きく、始めはビビッていました。

その頃が懐かしいです。
プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。