スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺さないハリ ていしん入門 森本式てい鍼を使った治療

うちの学校に鍼を売りに来る業者は「イトウメデイカル」なのですが、そこの社長に「ていしんの本が出るよ」を言われて、8月出版でしたか、10月の末に購入しました。脈診流 二木先生のブログもよく観ていましたので、書籍の購入に抵抗は無かったです。因みに本の著者 岸田美由紀先生の恩師、二木先生考案 二木式ていしんも「イトウメデイカル」で製作、売っています。

 脈診流(漢方鍼医会)は経絡治療の勉強会で、我が名古屋でも活動しております。僕は脈診流に所属しておりませんが、脈診流の治療はなんとなく、見たり聴いたりしています。

鍼って刺さなくても効果があるのですよ。ブログ主の僕は、刺さない鍼(刺せない鍼)打鍼法もそれなりに研究していますが、刺さなくても効いちゃうのです。
発案した人はスゴイ、「逆転の発想」をする人は天才です。その天才のお蔭で僕はおこぼれで助かっていますが。


 本の内容ですが、はじめは、気血津液などの基本の臓腑病症、陰陽論、肝虚、陰虚などの「証」の説明など、東洋医学概論的な章もあります。
(あくまでわたくし個人の意見ですが、東洋医学概論の教科書より分かり易いかも?)

書籍では「森本式ていしん」を使っています。僕は今「森本式」は持っていませんが、近く購入する予定です。

この本の良さは何と言っても「練習法」が載っている事です。練習法についてまで書かれている書籍は少ないです。それに著者の岸田先生の治療イメージが想像できる、文章そして写真の流れは一級品だとおもいます。

 鍼灸学生にとって、練習法の記載は助かります。

 刺さない鍼「ていしん」の治療がこれで広まれば、一般の方が持っている針治療の概念が変わるとも思いますよ。


 正直な所「経絡治療ってなに?」「まだ学校で「証」まで進んでいないんですよ」という人には難しい面もあります。僕の学校では「ていしん」治療は3年次でした。ほかの学校では、もっと早くていしんをつかっているかもしれません。
(ていしんを治療に使わなかっただけで、2年次の最初にバネ式ていしんは、学校より購入しました)

 僕は練習法について書かれた本だと考えています。普通の本は治療法、どこのツボ使うとかそういった内容。または治療雑話、そういった内容の本も大好きですが「練習法」まで書かれた本はそんなに無いので、「ていしん」にちょっと興味がわいた方は、買ってみても損は無いですよ。(損は無いですよ、と言っちゃいましたが、思っていた内容と違う、と思っても僕は責任をとりませんので、書籍の購入は自己責任ですよ~)

「ていしん」売っている所は書籍でも出ていますが、ぼくのブログの横にあるリンク集にあるイトウメデイカルです。欲しい方はここに問い合わせてみてください。
(リンク先はブログですが、連絡先がどこかにありますので、丹念に見ても良いし、「森本式」でグーグルで調べても出てくるはずです。)

 一応僕は「経絡治療」を学んでいます。読んだ書籍は首藤傳明「経絡治療のすすめ」岡部素道「鍼灸経絡治療」「鍼灸治療の真髄」本間祥白「経絡治療講話」など、学校でも経絡治療、学んでいますし、勉強会にも行っています。
(出来の悪い弟子&学生ですが…)

 経絡治療を知らない、興味が無い人よりは、はるかに知っていると思います。もちろん、臨床家に比べれば知らない部類ですが。

本来なら、ブログの流れは「学校編」で1年次から進んでいますので、ブログの文章の流れにこの記事は乗っていませんが、本を買ってみて、これは良い本だ!!と思い、ここにこの文章を掲載します。


また、蛇足になりますが、二木先生のブログ、イトウメデイカルのブログ、岸田先生のブログにリンクを張っときますね。
特に二木先生のブログ、文章量が多いです。色々勉強になると思います。
わかば通信では本の出版までのイキサツや呼んで欲しい所などの解説もありますし、本の後書きの後書きのような記事もあり、勉強になる所大です。(わかば治療院 一度見学に行きたい…)




わかば通信(脈診流わかば治療院のブログ)

『にき鍼灸院』院長ブログ

itohari2005の日記(イトウメディカル のブログ)

itohari2005の日記(イトウメディカル のブログ)ていしん(^^)"


刺さないハリ ていしん入門刺さないハリ ていしん入門

ヒユーマンワールド 2009-07
売り上げランキング : 180333

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





楽天ブックス
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。