スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鍼灸ノートブック」「鍼灸沢田流」の復刊署名を呼びかけます


皆様、お久しぶりです、知足斎です。
このブログはすっかり「沢田流専用ブログ」と化していますが。

 さて、鍼灸専門学校に入ると多くの教員、臨床家から「沢田流聞書 鍼灸真髄」はいい本だよ、と助言を受けることとなると思います。鍼灸の入門編として沢田流(澤田流)太極療法と触れる機会は多いでしょう。「鍼灸真髄」は名著です。僕は心躍らせて読みました。日本鍼灸界において沢田流太極療法の創始者、澤田健は歴代を見ても1,2を争うでしょう。


 ですが、果たして「鍼灸真髄」「鍼灸治療基礎学」「灸療雑話」を以ってして沢田流太極療法の全てである、と言い切れるでしょうか?
僕は沢田流書籍がほとんど、代田文誌氏の書籍しか現在出ていないことに憤りを感じていました。さらに、大正、昭和に絶大なる勢力を持っていたであろう沢田流が、現在、その勢いがどの程度あるか?疑問を持たざるを得ません。早い話が「沢田流」を名乗って治療している鍼灸師が少ないのです。

多くの鍼灸師は「鍼灸真髄」「鍼灸治療基礎学」で基礎を固め、その後、経絡治療、長野式、果ては中医学に進むのではないでしょうか?

ちょっと悲しいとは思いませんか?沢田流から入り、沢田流から抜けていく。もちろん沢田流を学んだ経験は、どこかで生きてくるはずです。

 代田文誌以外の沢田流本が読みたい、そのような欲求がうまれました。代田文誌から観た沢田健ではなく、他の人物から観た沢田健という視点を持ちたいと思いました。そのような感情を皆様持っていないでしょうか?ですので、「灸点治療法」という書籍がある事を知った時は、嬉しさでいっぱいでした。代田先生以外の沢田流書籍が読めると。

 過去には、沢田健の側近とも言うべき山田国弼という人物も書物を書いていました。「鍼灸ノートブック」「鍼灸沢田流」などです。


 特に「鍼灸ノートブック」は今でもたまにヤフーオークションにでます。そしてかなりの高額で落札されます。それを以ってして、「鍼灸ノートブック」に需要があると考えても良いのではないでしょうか?


 幸い、「万能書店」というところで、オンデマンド版として過去の名著が復刊する事ができるようになりました。
絶版になった本が再び陽の目を見るのです。私が手元に持っている「鍼灸重宝記」「鍼灸経絡治療」「鍼灸治療の真髄」は万能書店で復刊した本です。


「鍼灸ノートブック」「鍼灸沢田流」も復刊できないだろうか?私は考え、ここに行動を起こすこととなりました。


 どういうことかというと、「万能書店」で復刊リクエストで多く得票を得た本は、版元と交渉をし、復刊する可能性が出てくるのです。もちろん、版元の都合がありますので、多くの得票を得たとしても、必ず復刊するとは限りません。

そこで、私が「鍼灸ノートブック」「鍼灸沢田流」を復刊リクエストにエントリーしました。


 そこで…


ここに選挙運動を開始します。「鍼灸ノートブック」「鍼灸沢田流」が復刊したら読んでみたい、と賛同頂ける方はお手数ですが、「万能書店 復刊リクエスト」にエントリーした、「鍼灸ノートブック」「鍼灸沢田流」に投票をして頂きたいのです。

 参議院選で民主党、自民党より多く票を取ります。


方法を説明します。


まず「万能書店」に入る。

リクエストの所を探す。

エントリーリストを見る。

「鍼灸」または「沢田流」で検索してみる。

「鍼灸ノートブック」「鍼灸沢田流」を探す

投票をする







投票には、名前(ハンドルネーム可)メールアドレス、発言がいります。発言は一言コメントのような形です。

メールアドレスが要求されますが、これは責任ある投票を持ってほしいということでしょう。メールアドレス不記入ですと、乱発が予想されます。
(万能書店から何か送ってくるということは今のところ無いようです)


 沢田流の本が読みたい、という方の熱い気持ちを、投票という形で表現してみませんか?何票で復刊という当選ラインはわかりませんが、全力を尽くして、選挙戦を戦いたい。
皆様の一票をよろしくお願い致します。


追伸 

復刊リクエストには多くの鍼灸本がエントリーされています。この本も同じく選挙させてよ、という本がありましたら、こちらのコメント欄にお寄せください。どの程度とからになれるか?わかりませんが、持てる力を尽くします。






たくさんの投票をお願い致します。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 看護
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。