スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百会の灸



 どこまで本当なのか?我が家の伝説じみた話なのが、百会の灸で半身不随を治したと言う話。

 これも戦後まもなくで、家のご近所さんですが、脳血管障害の後遺症で半身不随になってしまった。そこでうちの曾祖母がお灸をすえにいったのです。灸をおろしたのは「百会」百会を使って色々と灸をしたのか?百会のみ使ったのか?今となってはわかりませんが、とにかく治してしまったのです。その人はひどく喜び、正月のお年始にはまず初めにうちに来たそうです。また、曾祖母と撮った写真を部屋にはって大切にしていたそうです。

 うちの曾祖母の「伝説」なのですが、小学校時代にその話を聴いても、僕としては凄さがピンときませんでした。お袋あたりが、その家に行ってひいばあさんの話訊いて来なさいよ、と言われていたのですが、行こう、行こう、と思っても結局行かずじまい。

 うちの近所は区画整理事業で道を広げる為、立ち退きやら引越しやらで、家がどんどん入れ替わっています。そのご時勢の多分にもれず、そこの家は、遠くへ引っ越してしまいました。今、鍼灸を志す身となっても、逸話を聴く事はできなくなりました。

 因みに引越しする前、そこの家は古い旧家で立派な門構えをしていて、「名古屋嫁入り物語」で植木等ふんする産婦人科の院長が往診にいくというシーンに使われていました。


 さてさて百会ですが、鍼灸学校で習う「中風七穴」でも百会は出て来ます。我が家では百会を「百の病を治す」と大切にしていました。百会を使い、おまえのひいばあさんは…と口伝えに僕まで伝わっていました。


 ここまで書いて言うのも変ですが、僕の家は代々鍼灸家を輩出する家でもありません。鍼灸院を生業としているわけではありません。灸の伝承があるとはいえ、ごくごく普通の家です。灸を愛する家なのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「灸を愛する家」
それも深谷先生とそっくりですね。
深谷先生の息子さんの新間先生の一度だけお会いしたことが
あるのですが、先生も鍼灸を生業としているのではなく、本当はギタリストなんだそうです。近くで見学させていただきましたが、灸の技術は名人のものをそのまま受け継いでおられるようでした。

私も、鍼灸のいいところって先生とじっくり会話ができるところだと思います。専門のカウンセラーではないけれど、カウンセリングを受けているような、そんな気持ちになり、治療が終わったあとはすっきりします。病院ではなかなか話を聞いてもらえる時間ってありませんから・・・。

ありがとうございます

 コメントありがとうございます!!深谷先生の息子さん、新間先生は音楽家だと、深谷灸シリーズのあとがきで知りました。うちの曾祖母が使った家伝灸の取穴は深谷灸法でよく似たものを見かけます。

 曾祖母の息子(祖父)はビジネスで大成しまして、あえて灸をする事は無かったようです。それにたいそう熱がりでしたので。息子の娘(私の母)は指の感覚が鋭く、家伝灸継承者といえますが、痕が残るので直接灸はあまりやりません。

 大根やしょうがの間接灸はよくやっていました。僕も学校入る前はよくやっていました。今は灸点紙がありますので、曾祖母風の灸は僕も使います。

 僕の灸の先生から聴いたのですが、弘法大師 空海はお灸をすえながら、ありがたいお話をしたそうで、今で言うカウンセラーだったのだろうと言っていました。お灸は熱いから、トークで熱さを紛らわすとも。

 うつぶせの姿勢だと先生に色々話しやすいですからね。僕の学校の講師は鍼灸プラスアルファで心理学を研究している治療家が数人いますので、治療にはカウンセラー的なものが必要だと考えています。

 鍼灸が今後大きく繁栄することはないでしょうが?滅ぶことは無いでしょう?

 コメントありがとうございます。またお越しくださいね。

Re: 百会穴スゲェ

コメントありがとうございます。
最近、自分でも百会使いますが、百の病に効くというのも、あながち間違いでもありません。
百会には特殊な流注もあるようです。
また、お越しください。
プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。