スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらながら沢田流を思う

 台湾、董氏奇穴の使い手、楊維傑先生の倒馬針法はよく効くなあ、という事で、数年前に、董先生の別のお弟子さんの本を買い、最近、また別のお弟子さんの本を買いました。楊維傑先生以外の見方を比較したいと思いましたが、皆、よい意味でばらばらですねえ。(苦笑)似たところもあるが、違う解釈もある。まあ、引き出しを増やすという意味では買ってよかったと思います。最近買った先生は、日本の沢田流の影響を受けているとはっきり書いています。
 もっとも、楊維傑先生も、沢田流合谷と董氏奇穴について記述があります。楊先生は、その著書に、澤田健、本間祥白、赤羽幸兵衛について書いていますし、尾張徳川家の医師と思われる田中尚房の「鍼灸卒病」についても記述があります。鍼灸卒病は、鍼灸極秘抄の別伝とも言われ、愛知は碧南出身との説がある永田(長田)徳本、元祖知足斎先生の秘術を伝えたとされる鍼灸極秘抄。極秘抄まで研究していたかはわかりませんが、鍼灸説約などは記述があり、楊先生は今はアメリカで活躍中と思いますが、日本鍼灸にかなり深い造詣があります。ある意味、日本人鍼灸師より日本鍼灸を追求しているかも?楊維傑先生は日本の京都大好きなのかなあ。

 僕としては、僕が安心する流派、治療法は沢田流と深い関係があるようです。

 長野式の長野潔先生は、沢田流からはじめているようです。深谷伊三郎先生は、治療院が澤田先生の近くだった時、澤田健先生の患者の灸点を見て、澤田先生の治療術を知った旨が書かれている本もあります。鍼灸師の中には、澤田健のお弟子さんが深谷先生だ、と勘違いしている人もいるくらい。まあ、灸に情熱をかけ、極めたという意味では、灸界の両横綱、澤田健と深谷伊三郎と僕は考えております。(こんなことを書くと、沢田流、深谷灸法関係者からお叱りを受けるかもしれませんが)

 経絡治療の創始者、岡部素道先生は、その著書「鍼灸経絡治療」で澤田健の助手でもあり、最高の理解者、城一角先生と交流を持ち、城先生を八木下勝之助に紹介した事、また城先生を通じて沢田先生のお人柄を聞いた旨が書かれています。沢田流の重鎮、中川清三先生は、小野文恵先生の「解説 鍼灸重宝記」の題字を書かれていますので、澤田健のお弟子さんと、経絡治療創成期のメンバーと交流があったのかもしれません。澤田先生が凄い、と言わしめた松元四郎平先生の「鍼灸孔穴類聚」は復刻版を経絡治療史研究家でもある、上地栄先生が命がけで出した本ですから、浅からぬ関係を推し量ることが出来ます。

 沢田流のかなりの使い手と思われる中村了介先生は、長濱 善夫博士、木下晴都博士と共著を出していますし、また間中博士と堀越亀蔵の息子、堀越清三との共著もあります。中村先生の共著の相手を見ますと、イチローとメッシ、ウサイン ボルトが共著で本出した(あまり良い例えではないなあ)くらい、凄いことだと考えております。

 堀越亀蔵とその奥さんの弟、市石圭介の「灸点治療法」は僕の中では、秘伝書扱いです。

 代田文誌先生の「沢田流聞書」と「鍼灸臨床治療学」は現在、中国語版が発売されていて、中国でもそれなりに需要があるでしょう。

 沢田流が中国、台湾でそれなりに評価されているとしれば、澤田健先生も喜んでいることでしょう。

 4月に澤田健先生のご命日がありました。この時に、今考えている沢田流について、書こうと思いましたが、余裕が無かった。ほんの数分ですが沢田流聞書にある澤田健先生、還暦時の写真に手を合わせておりました。

 最近、原典回帰を考えておりまして、八木下翁と澤田健、明治から大正にかけての治療法の考察を考えております。どうなるかわかりませんが。将棋指しの名人から見る達人養成篇も書かないといけませんし。

 董氏奇穴の「倒馬針法」「動気針法」と佐藤久三の「ツボ秘法」三部作の手技を組み合わせておりますが、運動器疾患に恐ろしいほど効きます。僕が達人になったのか?勘違いするくらい。(本当に勘違いしていませんよ)

 董氏奇穴の最近買った本が届いたのが、ちょうど澤田健先生のご命日でした。因縁があるのか。


 私にどれだけ時間が残されているかわかりませんが、命の限り、澤田先生と岡部先生の足元に近づきたい、そう考えております。


 長文乱筆ご容赦 未来の達人たる子供に想い 子供の日に記す

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

代田文誌の本 復活

代田文誌の本が、オンデマンドとして復活していました。

一つは楽天の亜東書店で手に入ります。


閃光記(オンデマンド版)

閃光記(オンデマンド版)
価格:4,620円(税込、送料別)



また、鍼灸臨床ノート(上巻、下巻)もオンデマンドとして復活しました。こちらは楽天では手に入りませんが、一般書店で注文できるかもしれません。また、万能書店でも買えるようです。

テーマ : 医療
ジャンル : 福祉・ボランティア

幻だった鍼灸治療臨床学の中国版を買う

鍼灸真髄には次のような文がある。

「鍼灸治療基礎学」と本書(沢田流聞書 鍼灸真髄)の関係は、前者が骨格なればこれは血液や神経に相当するものであって、次に続刊した「鍼灸治療臨床学」は、これが筋肉や内臓をなすものである。この三部の書により、沢田流治療の大要をお伝え出来ると思う。
(沢田流聞書 鍼灸真髄 代田文誌 より抜粋)


「鍼灸治療基礎学」の相棒となる「鍼灸治療臨床学」があることは知っていた。しかもこれは分冊で出版され、永らく絶版となっていた。ひょっとしたら、何処かの図書館で眠っているかもしれない。私も臨床学のうちの1冊は図書館で見つけ、読んだ。

 私は沢田流鍼灸術は、骨格を「鍼灸治療基礎学」口伝秘訣を収めた「沢田流聞書」を神経、血液となし、肉体については、堀越亀蔵、市石圭介(市石清代治)の「灸点治療法」に求めた。基礎学、聞書は学生一年生の時、灸点は卒業を控えた3年の時。

 それにトッピングとして「図説 深谷灸法」「家伝灸物語」「名家灸選釈義」など深谷灸の考え方を取り入れた。

 私の場合、我が家に伝わっている家伝灸は、深谷灸に大変よく似ていて、私の灸治療のベースは、家伝灸+深谷灸法にサブとして沢田流ともいえるが、沢田流をベースにして、トッピングで深谷とも言える。自分でもよくわからない。

 私が沢田流の本を手に入れたのは、鍼灸学生一年の時、あれから5年がたつ。家伝灸のたしなみを入れればもっと前からだが、プロ意識を持ってその技術を手に入れようとしたのは、5年前からである。

 5年の月日が経っているので、「鍼灸治療臨床学」が中国であるようだ、とわかってもそれほど興奮はしなかったのが正直な感想。

 中国書籍専門店「書虫」や「亜東書店」で中国語版鍼灸治療臨床学があるみたいだ、とわかったのは、昨年の秋以降。昨年の8月に出版されたらしい。(正確には50年以上前の本の復活ともいえる)しかし、すぐ買おうとは思わなかった。買ってみて、内容が基礎学だったら、酷い買い物とやり場の無い怒りがこみ上げてくるからである。

 中国の出版社学苑のホームページを探した。書籍の紹介文をグーグルの翻訳で読んだ。どうもこれは正真正銘の臨床学らしい。よし、2000円、買おう。買ってみようと決心がついたのは、本年の1月中旬。ところが、中国は旧正月が正月休みになり、その影響を受けて、届くのは、いつもより遅かった。1月のすえに手に入れた。

 日本で臨床学を買われる方のために、中国語名などここに記す

  針灸臨床治療学 日本漢方医学叢書 代田文志著/
胡武光編訳/付国英校訂/ 学苑出版社

針灸臨床治療学 日本漢方医学叢書 代田文志著/胡武光編訳/付国英校訂/ 学苑出版社

 
 日本語版と題が違うし、著者が代田文誌が代田文志になっている。書虫や亜東書店でも送料を入れて2000円前後だと思う。勿論、中国語版に臨床学の全ての巻が載っているのか?わからない。

 もの凄く冷めた眼で見てしまうので、沢田流ラブ?な人がこの文章を見て、やいと屋さん、いつもよりテンションが低いなあ、と感じられるだろう。

 ぱらぱらとめくる。沢田流特殊な取穴があり、まさに沢田流、沢田流らしさに、ヘンテコなもの買っちゃって、高い買い物にならなくてよかった、と少し安堵。

 しかし…沢田流鍼灸術の治療各論を収めたであろう本書。本書を読めば、タテマエ上は「基礎学」で経絡経穴の基礎力をつけ、「鍼灸真髄」で沢田流らしさを学び取り、「臨床学」で具体的に治療が出来る。臨床学を読めば、沢田流の治療が再現できる…ハズである。

 ここで思ったのは、この本を鍼灸学生時代に読んでいたら、沢田流を再現できただろうか?と思うと、再現は難しいと考える。

 基礎学と真髄を読んで、実は沢田流についていくつか疑問が湧いてきた。2年後に灸点治療法を手に入れ、それまでの謎が全て解けてしまった。学生時代に思っていた疑問が臨床学で解決できたかというと、逆に疑問が増えたのではないか?

 左陽池の使い方、施灸の順序、患者に取らせる姿勢など、これらの解釈が少し違うだけで、全く違う治療術になってしまう。

 誰もが知りたいであろう、治療の各論。各論が自分で使えるかという点で言えば、臨床学よりも、灸点治療法が凌ぐと思う。酷い見方をすれば、沢田の通い弟子だった代田、はじめは沢田のお友達から始まり、ついには弟子入り。弟子というより仕事仲間の感もあり、側近でもある堀越亀蔵。堀越の方が治療は上手かったのではないか?と考えてしまう。
(堀越は息子(清三)を代田に預けて弟子とさせている。二人の仲は良好だったのだろう。)

 僕には中国語版臨床学には2000円の価値しか見出せない。事前に内容を知っていて、4000円だったら買っていただろうか?内容を知らずに4000円で買っていたら損をした気分になったであろう。もの凄く辛らつな表現をとらざるを得ない。

 永らく、いや未だに日本では絶版の臨床学。(もっとも一部には代田文誌著作全集のような本もあり、完全に絶版とは言い切れない。)何故絶版だったのか?それだけの価値が無いから絶版だったのか?

 とはいえ、沢田流の本には、僕は愛着が湧いてくる。不思議な感情だ。今も枕元においているが、読みこなした時、評価ががらっと変わる可能性はある。何より「鍼灸治療臨床学」は、これが筋肉や内臓をなすものである。と著者に言わしめた、代田式沢田流三部作とも言って良い臨床学を手に入れたから、僕が使う沢田流に深みが出てくる可能性は高い。

 買ったイキサツと本を読んだ感想をサラッと書きましたが、正直お勧めはしません。ですが沢田三部作の最後の一冊、大きすぎる期待を持たなければ、揃える価値はあるハズ。

 下は僕の沢田三部作


鍼灸治療基礎学 改訂増補第7版―十四経絡図譜解説
鍼灸治療基礎学 改訂増補第7版―十四経絡図譜解説代田 文誌 澤田 健

鍬谷書店 1997-03
売り上げランキング : 190373


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


鍼灸眞髄―沢田流聞書
鍼灸眞髄―沢田流聞書代田 文誌

医道の日本社 1941-01
売り上げランキング : 22787


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


灸点治療法
灸点治療法
集文館 1994-04-01
売り上げランキング : 459286


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

和漢三才図会 経絡・肢体部

 沢田流太極療法の創始者、沢田健が重視した「和漢三才図会 経絡・肢体部」がたにぐち書店から出版されました。
 しかも解説者は沢田流の理解者であり研究家である方で、なかなか沢田流を研究している人にとって読ませる文章を書かれています。

 さて澤田健は「十四経発揮」と、この「和漢三才図会 経絡・肢体部」を重視したのですが、この辺の謎は後に書きます。
 本書は、経絡を可能な限り表記した日本の誇る名著で、東洋医学の解剖学の本とでも言おうか。しかしながら、沢田流を運用して観たい人と言う方には先に「鍼灸治療基礎学」「灸点治療法」をお勧めする。

 その後で、沢田健の研究に進んだ人は「和漢三才図会 経絡・肢体部」で色々考察されると、発見もあるだろう。ある程度の実力者、江戸古典が好きな人にはお勧め。


和漢三才図会 経絡・肢体部和漢三才図会 経絡・肢体部
寺島 良安 横山 一豊

たにぐち書店 2011-11
売り上げランキング : 645775

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

オレだって漢方薬を学んでいるんだぞ

湯頭歌訣1

 オレだって!オレだって!!っていうと、初代ガンダムのカイ・シデンみたいだが。現在の鍼灸師は中医学の影響をかなり受けていて、漢方薬も勉強する人は多いです。僕だって在学中は中医学研究室にいたし、卒業後も中医学はそれなりに学んでいます。

 僕が漢方薬の勉強も深みがあるな、と思ったのは、沢田流聞書 鍼灸真髄のこの文章を読んでから。

「わしは五穀で病気を治す法うを発見しようと思っているが、五穀がみんな薬になるのです。豆だって非常な薬があるので、一元の太極がわかれば、五穀で病気をなほすことも従ってわかる筈です。」「沢田流聞書 鍼灸真髄」より

 傷寒論系ではなく、五行色体表に基づいて漢方を体系化しようとしたようですが、沢田健の漢方、五穀を使った漢方は完成する前に病没してしまっているのです。

 僕はその遺志を継いで、というと大げさだが、五行色体表に基づいて、五穀から漢方薬を作ろうと計画しているのです。もっとも、漢方というよりも民間療法に近いですが。そのうちの腎を補う(と思われる)民間療法のレシピをブログに書くかもしれません。

 手始めにと思っていた矢先、ヤフーオークションで「湯頭歌訣」という本が出ていたので、落札、手に入れました。




何故か経脈についても書かれています。

そして続編も掲載。母校の教師に尋ねたら、続編は、勝手に後世の人が付け足したようです。



続編には黒豆と甘草を合わせた薬が掲載されています。これは民間療法の本、東城百合子先生の「家庭で出来る自然療法」という本にも作りかたが載っています。

 黒豆は補腎だろうと思っていたら、湯頭歌訣では腎関連は出てこないです。

 母校の教師に、五行色体表と漢方の帰経について訊いたら、これは違うようです。出店が違う、というものもあるようです。ですが、僕の補腎の薬は、当らずも遠からずといったようで、体に悪いものではありません。

 沢田健の遺志を継いで、五穀を使って五臓の薬をつくりたい。今のところ二つ。5つできるかな?

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

プロフィール

やいと屋 知足斎

Author:やいと屋 知足斎
FC2ブログへようこそ!
幼少の時より喘息などに苦しみ、健康雑誌、東洋医学の世界に入り込む。中学時は三国志の影響で中国の古典に興味を持つ
大学は法学部に進むが鍼灸の夢、捨てきれず近くに鍼灸新設校ができたきっかけで、三十路目前に入学
曾祖母が家伝灸の使い手で、その影響で灸の研究、研鑽を積む毎日
趣味は民俗学研究 だが今は鍼灸に専念する為に封印
家伝灸研究も最近は趣味になりつつある
1年次より中医学の勉強会に通い、3年次は経絡治療も学ぶ。
長野式また撃鍼(打鍼)法
積聚(しゃくじゅ)治療の研究も進めている

平成二十二年三月鍼灸師合格 四月 鍼灸師登録
やいと屋として奮闘中

ナード・アロマテラピー協会認定
アロマ・アドバイザー

キネシオテーピングトレーナー

覚王山鍼灸研究所 研究員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
QRコード
QRコード
オススメ
家庭でできる自然療法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。